声の肖像権が認められる

2024.04.17

米国のテネシー州で…声の肖像権を認める法が7月1日から施行される…。

生成AIで許可なくアーティストの声を使うと罰せられる…。

日本でも…こうなれば…音楽業界だけでなく声優さん達も救われるな…。

流石?カントリーのメッカ…テネシー州!

Midjourneyにて生成

エルヴィス法: テネシー州が切り拓く、AI時代におけるアーティスト保護の新たな道

概要

2023年3月21日、アメリカのテネシー州で「ELVIS Act(エルヴィス法)」と呼ばれる画期的な法律が可決されました。この法律は、アーティストの声をAI技術による不正利用から保護することを目的としています。

法名の由来

この法案は、テネシー州出身の伝説的なロック歌手であるエルヴィス・プレスリーの名を冠しています。エルヴィスは、その力強い歌声と革新的なパフォーマンスで、20世紀後半の音楽シーンに大きな影響を与えました。

法の内容

エルヴィス法は、主に以下の内容で構成されています。

  • アーティストは、自身のを録音、複製、配布、送信、公衆展示、または商業利用する権利を専有する。
  • 上記の権利は、アーティストの死後50年間存続する。
  • アーティストは、AI技術によって生成された自身の声の模倣を許可するかどうかの選択権を持つ。
  • アーティストは、自身の声の無断使用に対して、損害賠償請求を行う権利を持つ。

意義

エルヴィス法は、AI技術の発展に伴い、深刻化するディープフェイクの問題に対処するための重要な一歩です。ディープフェイク技術は、本人の許可なく、あたかも本人が話しているかのような動画や音声を作成することが可能になり、悪用されるリスクが高まっています。

エルヴィス法は、アーティストに声の肖像権という新たな権利を付与することで、AI技術による不正利用から自身を守ることができます。これは、音楽業界だけでなく、映画業界やゲーム業界など、様々な分野で活躍するアーティストにとって、大きな福音となるでしょう。

今後の展望

エルヴィス法は、テネシー州が制定した最初の法律ですが、今後他の州でも同様の法律が制定されることが期待されます。また、連邦法として制定される可能性も考えられます。

エルヴィス法は、AI時代におけるアーティストの権利保護という、新たな課題に正面から向き合った法と言えるでしょう。今後、エルヴィス法がどのように議論され、発展していくのか注目されます。

参考情報

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?