印税は誰に入るの?

2024.03.31

生成AIのみでつくられたロックバンドがアルバムを配信開始!

そういう時代かぁ…と…。

類似楽曲の調査?判断?が大変そうですが…

時間をかければ…

楽曲はもちろんのこと…

メンバーの顔写真からアルバムのジャケットビジュアルまで…

今のノウハウで…自分でもつくれちゃうわけで…

でも…印税は誰に入るの?

AI生成された楽曲の印税は誰に入る?

AI生成された楽曲の印税の分配は、楽曲の利用目的やAIツールの利用規約によって異なります。

一般的に考えられる分配パターンは以下の通りです。

1. AI開発者のみ

  • AI開発者が著作権を所有する場合
  • 例:
    • Jukebox AI
    • MuseNet

2. AI開発者と楽曲制作者

  • 共同著作の場合
  • 例:
    • Amper Music
    • AIVA

3. 楽曲制作者のみ

  • AIツールが著作権を放棄する場合
  • 例:
    • Google Magenta MusicLM
    • OpenAI Jukebox

4. その他

  • 利用目的や契約内容によって異なる

具体的な例

  • AI作曲サービスで生成した楽曲を商用利用する場合
    • サービスによっては、利用料金に加えて印税の一部をAI開発者に支払う必要がある
  • AIアシスタント機能を使って作曲した楽曲
    • 楽曲制作者が著作権を所有する

今後の課題

  • AI生成楽曲の著作権の帰属
  • 印税分配の透明性

補足

  • 2024年3月31日現在、AI生成楽曲の印税分配に関する明確な法律や規則はありません。
  • 今後の議論や判例によって、印税分配のルールが変化する可能性があります。

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?