画像生成のプロンプトに困った時に…

2024.03.31

これらのサイト…とても便利です。

現状…プロンプト有きな生成AI…。

なかなか思うような画像が生成ができない時に…是非!

https://promptomania.com/generic-prompt-builder/

https://promptfolder.com/midjourney-prompt-helper/

https://gazai.net/prompt

画像生成AIのプロンプトのコツ

画像生成AIは、プロンプトと呼ばれる指示文によって生成される画像の質が大きく左右されます。そこで、思い通りの画像を生成するために、以下のプロンプト作成のコツをいくつかご紹介します。

1. 明確かつ具体的に指示する

画像生成AIは、与えられた指示を理解し、それに沿った画像を生成しようとします。そのため、プロンプトはできる限り明確かつ具体的に記述することが重要です。

  • 曖昧な表現は避ける: 例えば、「美しい風景」よりも、「夕焼けの海に浮かぶヨット」の方が具体的な指示となります。
  • 具体的な情報を盛り込む: 人物の画像を生成する場合、性別、年齢、髪型、服装などの情報があると、よりイメージに近い画像を生成できます。
  • 画風や構図を指定する: 写実的な画像、水彩画風の画像、俯瞰構図、正面構図など、希望する画風や構図を指定することも可能です。

2. 簡潔に書く

プロンプトは長ければ良いというものではありません。むしろ、簡潔にまとめることで、AIが指示を理解しやすくなり、意図した画像を生成しやすくなります。

  • 不要な言葉を省く: 冗長な表現や飾り言葉は避け、必要な情報だけを簡潔に記述しましょう。
  • キーワードを組み合わせる: 複数のキーワードを組み合わせることで、より複雑な指示を出すことができます。

3. 視覚的な情報を盛り込む

画像生成AIは、視覚的な情報も理解することができます。そのため、テキストだけでなく、参考画像や絵画などを提示することで、より具体的な指示を出すことができます。

  • 参考画像を提示する: 生成したい画像のイメージに近い画像を提示することで、AIがイメージを理解しやすくなります。
  • 絵画や写真などの視覚資料を参考にする: 絵画や写真などの視覚資料を参考に、具体的な構図や色使いを指示することができます。

4. 重み付けを活用する

プロンプト内の各要素の重要度を調整したい場合は、重み付けを活用することができます。

  • 重要な要素を強調する: 重要な要素の前に「」や「*」などの記号を付けて強調することができます。
  • 複数の要素を並列に記述する: 複数の要素を並列に記述する場合は、それぞれの重要度に応じて記号を使い分けることができます。

5. ネガティブプロンプトを活用する

生成したくない画像の特徴を記述することで、意図しない画像の生成を防ぐことができます。

  • 不要な要素を排除する: 例えば、「人物は不要」のように、生成したくない要素を明確に記述することができます。
  • 特定の画風を避ける: 例えば、「リアルな画風は不要」のように、特定の画風を避けることもできます。

6. 試行錯誤を繰り返す

画像生成AIは、学習データに基づいて画像を生成するため、必ずしも思い通りの画像が生成されるとは限りません。

  • 生成結果を分析する: 生成された画像を分析し、何がうまくいったのか、何がうまくいかなかったのかを理解することが重要です。
  • プロンプトを修正する: 分析結果に基づいて、プロンプトを修正し、再度生成を試みます。

7. ツールを活用する

プロンプト作成を支援するツールもいくつか存在します。

  • Prompt Builder 画像生成AIに適したプロンプトを作成するためのツール
  • Midjourney Prompt Generator Midjourney向けのプロンプト作成ツール

これらのツールを活用することで、より効果的なプロンプトを作成することができます。

8. 日本語の情報も活用する

日本語の情報も積極的に活用しましょう。

  • 日本語のチュートリアル: 日本語で書かれたチュートリアルや解説記事を読むことで、画像生成AIの基本的な使い方を理解することができます。
  • 日本語のコミュニティ: 日本語のユーザーコミュニティに参加することで、他のユーザーと情報交換したり、アドバイスを得ることができます。

9. 最新情報を常に確認する

画像生成AIは日々進化しており、新しい機能やモデルが追加されています。常に最新情報を確認することで、より高度な画像生成が可能となります。

  • 公式ブログ: 各画像生成AIの公式ブログを定期的にチェックすることで、最新情報を得ることができます。
  • ニュース記事: 画像生成AIに関するニュース記事を読むことで、最新動向を知ることができます。

10. 楽しみながら使う

画像生成AIは、創造性を発揮し、新しいアイデアを生み出すための強力なツールです。楽しみながら色々試してみることで、思い通りの画像を生成することができるでしょう。

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?