生成AIからクリエイターを守る…とは

2024.04.09

このニュース…どう考えます?

そもそも…クリエイターって?クリエイティブって?

作家の頭に浮かぶイメージって…どこから出てくる?

過去の経験?…学習した記憶?データ?

そこから考えていかないと…。

クリエイターとは、**「創造する人」**という意味の言葉です。

具体的には、スキルやアイデア、技術などを用いて、何かしらの作品や成果物を生み出す人を指します。

作品や成果物の形態は様々で、形のあるモノ(彫刻、絵画、製品など)形のないもの(アイデア、企画、文章、音楽、映像など)の両方を含みます。

また、オリジナルの作品を作る人だけでなく、クライアントから依頼を受けて制作する人も含みます。

近年では、インターネットの発達により、クリエイターの活動の幅が大きく広がっています。

例えば、SNS動画配信プラットフォームなどを活用して、自身の作品を世界中の人々に発信したり、クラウドソーシングを利用して仕事を受注したりすることができるようになっています。

クリエイターの主な職種

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • 映像クリエイター
  • 音楽クリエイター
  • ライター
  • カメラマン
  • プログラマー
  • ゲームクリエイター
  • アプリ開発者

クリエイターは、芸術・デザイン・音楽・広告・ゲーム・Webコンテンツなど、様々な分野で活躍しています。

クリエイターとアーティストの違い

クリエイターアーティストは、どちらも創造的な活動に従事する人ですが、厳密には区別されることがあります。

一般的には、アーティストは主に芸術分野で活躍する人と定義できます。一方、クリエイター芸術分野に限らず、幅広い分野で活躍する人を指します。

しかし、明確な境界線があるわけではなく同じ人物がクリエイターとアーティストの両方とみなされる場合もあります。

クリエイターになるために

クリエイターになるために、決まった資格は必要ありません。

必要なのは、創造性、技術、スキル、そして情熱です。

独学で学ぶこともできますが、専門学校や大学で学ぶこともできます。

また、実務経験を積むことも重要です。

クリエイターの将来性

クリエイターは、今後も需要が高まっていくと考えられます。

インターネットデジタル技術の発展により、クリエイティブな仕事の需要がますます増えています。

また、個人が発信力を持ちやすくなった時代において、クリエイティブな表現がますます重要になっています。

クリエイターとして活躍するためには、常に新しい知識や技術を学び続けることが大切です。

また、自分の作品を多くの人に知ってもらうための努力も必要です。

以下に、クリエイターに関する情報源をいくつか紹介します。

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?