プロンプトだけでチャットや翻訳や画像生成サイトがつくれる

2024.04.07

プログラムの知識がなくても…数分で…

プロンプトだけで…Webサイトやアプリ開発ができる…

チャットや…翻訳サイトや…画像生成サイトのコードを生成してくれる…

生成AIだけで完結!?可能な…生成AI『Create

https://create-xyz-fyi.webflow.io/internal-tools

日本語にも対応している模様…。

商用利用については…?ですが…

これって…プログラムの知識が少ない私なんかには…武器になるツールですね。

あと…数ヶ月もしたら…

多分…もっとクオリティの高いサイトやアプリが生成できるようになる…。

楽しみではありますが…プログラマー=人間の仕事がぁ…


生成AI Createの概要

Createは、AIの力でWebサイトやアプリを自動生成するノーコードツールです。プログラミング知識がなくても、自分の言葉でWebサイトやアプリのイメージを伝えるだけで、AIが理解し、デザインからコーディングまで全自動で行ってくれます。

主な機能

Webサイト

  • 商品販売サイト
  • ランディングページ
  • ポートフォリオサイト
  • ブログ
  • 企業サイト
  • ニュースサイト
  • メンバーサイト
  • オンラインショップ
  • 予約システム
  • フォーム
  • チャット
  • その他

アプリ開発

  • 業務アプリ
  • 情報共有アプリ
  • ツールアプリ
  • ゲームアプリ
  • その他

Createの特徴

  • 簡単操作: ドラッグ&ドロップで直感的に操作できます。
  • 高速生成: 数分でWebサイトやアプリのプロトタイプを作成できます。
  • 豊富なテンプレート: すぐに使えるテンプレートが多数用意されています。
  • デザインカスタマイズ: デザインを自由にカスタマイズできます。
  • コード編集: コード編集も可能です。
  • チームでの利用: チームで共同編集できます。
  • API連携: 外部サービスと連携できます。

Createの料金プラン

Createには、無料プランと有料プランがあります。

  • 無料プラン:
  • 機能制限あり
    • 広告表示あり
  • 有料プラン:
    • 機能制限なし
    • 広告なし

Createの評判

Createは、使いやすさ機能性の高さから、多くのユーザーから好評を得ています。特に、プログラミング知識がない人や、短時間でWebサイトやアプリを作りたい人にとって、非常に便利なツールです。

Createの活用例

  • 個人事業主: 自分の事業を紹介するWebサイトや、顧客管理アプリを作成する
  • 中小企業: 商品販売サイトや、顧客とのコミュニケーションツールを作成する
  • 学生: ポートフォリオサイトや、グループワーク用のツールを作成する
  • クリエイター: 作品紹介サイトや、ファンとの交流ツールを作成する

Create公式サイト

https://www.create.xyz

Create チュートリアル動画

YouTube: https://m.youtube.com/watch?v=hOsOGEDL0pA

Create に関する情報

Createのメリットとデメリット

メリット

  • プログラミング知識がなくても、Webサイトやアプリを作成できる
  • 短時間でWebサイトやアプリを作成できる
  • 豊富なテンプレートが用意されている
  • デザインを自由にカスタマイズできる
  • チームでの利用が可能
  • API連携が可能

デメリット

  • 無料プランでは機能が制限されている
  • 有料プランの料金が高い
  • 複雑なWebサイトやアプリを作成するには、ある程度の知識が必要
  • 日本語の情報が少ない

Createのまとめ

Createは、プログラミング知識がない人や、短時間でWebサイトやアプリを作りたい人にとって、非常に便利なツールです。しかし、無料プランでは機能が制限されており、有料プランの料金も高いため、利用する前にしっかりと検討することが重要です。

また、複雑なWebサイトやアプリを作成するには、ある程度の知識が必要となります。日本語の情報も少ないため、英語での情報収集も必要となります。

Create を利用するかどうかを検討する際には、上記のメリットとデメリットを参考に、自身のニーズに合致しているかどうかを判断することが重要です。

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?