人型AIロボットの進化と深化と心化?

2024.04.30

AI ロボットが…どんどん「人」に近づいている…。

20年前の映画…『I, Robot』を思い出した…。

https://www.20thcenturystudios.com/movies/i-robot

「ハルシネーション」「ゴースト」が気になる昨今…

Midjourneyにて生成

【ロボット工学三原則】

第一原則「ロボットは人間に危害を加えてはならない」

第二原則「第一原則に反しない限り、人間の命令に従わなくてはならない」

第三原則「第一、第二原則に反しない限り、自身を守らなければならない」

Midjourneyにて生成

Sanctuary AI、汎用ロボット「Phoenix」の第7世代を発表

2024年4月29日 – Sanctuary AIは本日、汎用ロボット「Phoenix」の第7世代を発表しました。この最新モデルは、ハードウェアとソフトウェアの両方の面で大幅な改良が行われており、より人間に近い動きと性能を実現しています。

主な改良点は以下の通りです。

  • 可動域の向上: 手首、手、肘の可動域が広がり、より人間のような動きが可能になりました。
  • 手の耐久性の向上: 手の構造が改良され、摩耗や損傷に対する耐久性が向上しました。
  • 油圧機器の小型化: 油圧機器が小型化されたことで、重量、消費電力、複雑さが低減されました。
  • 安全性の向上: ハードウェアとソフトウェアの対策が強化され、指定された安全基準を上回っています。
  • 視覚と触覚センシングの向上: 視力と触覚センシングが向上し、AI制御システムを訓練するためのより忠実度の高いデータが得られます。

Sanctuary AIのCEO兼共同設立者であるジョーディー・ローズ氏は、次のようにコメントしています。

わずか11ヶ月の間にこれほどの進歩が見られるとは信じられない。第7世代によって、私たちは、利用可能なものの中で最も人間に近いと信じるシステムを手に入れました。

Phoenixは、様々な産業での利用が想定されています。製造業、物流業、医療介護業など、幅広い分野で活躍することが期待されています。

Sanctuary AIは、今後もPhoenixの開発を続け、より高度で人間に近いロボットの実現を目指していくとしています。

この発表は、AIロボットの進化にとって大きな一歩と言えるでしょう。Phoenixが今後どのように活用されていくのか、注目されます。

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?