10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない

引用

2024.05.29

10年前のWebサイトの38%がアクセス不能との記事…

https://www.pewresearch.org/data-labs/2024/05/17/when-online-content-disappears/

ページとシステムの更新を…まめにしていかないと…って事ですね…。

個人的には…3年とか…更新が無かったら…

自動的に削除…みたいな仕組みがあっても良いって思うんです…。

でないと…現在に合っていない古い情報に踊らされたり…

データが膨大になり過ぎて…探しきれなくなっちゃうし…

生成AIも困る?と思うんですよね…。

ハード機器の費用がいくらあっても足りなくなっちゃうし…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

確かに、調査によると10年前のWebサイトのうち、現在アクセス可能なものは60%程度にとどまると言われています。これは、様々な要因が複合的に影響していると考えられます。

主な要因として以下の点が挙げられます:

  • 技術の進歩: Web技術は目覚ましい速度で進化しており、10年前の技術で作られたWebサイトは、現在のブラウザやデバイスで正しく表示されない可能性があります。
  • 情報の陳腐化: 10年も経てば、Webサイトに掲載されている情報が古くなったり、必要なくなったりしている可能性があります。
  • サイト運営の停止: 企業や個人の事情により、Webサイトの運営が停止されるケースがあります。
  • ドメインの消失: ドメインの有効期限切れや、移転手続きの不備などにより、Webサイトがアクセスできなくなることがあります。

一方、40%のWebサイトが10年経っても存在しているのは、以下のような理由が考えられます。

  • 良質なコンテンツ: 有益で価値のあるコンテンツは、時間経過に関わらずユーザーに求められ続けるため、Webサイトが存続する可能性が高くなります。
  • 定期的な更新: Webサイトを定期的に更新することで、検索エンジンからの評価が高くなり、ユーザーの訪問も増えるため、存続する可能性が高くなります。
  • 強いブランド力: 企業や団体などの場合、強いブランド力があれば、たとえ古い技術で作られたWebサイトであっても、ユーザーに認知され続け、存続する可能性が高くなります。

このように、10年前のWebサイトが60%も存在していないのは、技術や情報、運営状況などの変化によるものです。しかし、良質なコンテンツや定期的な更新、強いブランド力によって、10年以上存続しているWebサイトも少なくありません。

by Gemini


セキュリティ対策をしない中小企業経営者

引用

2024.05.28

半数の中小企業経営者が…

セキュリティ対策の必要性を感じたことがない…という統計結果が…

恐しい…

それで…やっていけてる日本って…

ある意味…平和なんだな…。

恐しい…

Midjourneyにて生成
StableArtisanにて生成

中小企業における情報セキュリティ対策

近年、サイバー攻撃は巧妙化、悪質化しており、中小企業にとっても大きな脅威となっています。情報漏えいなどの被害は、企業の存続を危ぶむ事態にもつながりかねません。

そこで、中小企業において、情報セキュリティ対策を推進することが重要です。しかし、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、何をどのように対策すればよいのか分からないという課題もあります。

以下では、中小企業向けの情報セキュリティ対策について、基本的な考え方から具体的な対策方法まで、わかりやすく解説します。

1. 情報セキュリティ対策の重要性

情報セキュリティ対策とは、情報資産を不正アクセス、改ざん、漏洩、毀損などの脅威から保護するための対策です。情報資産には、顧客情報、業務データ、社内情報など、企業にとって重要な情報が含まれます。

情報漏えいなどの被害は、以下のような影響を与えます。

  • 顧客情報の漏洩による顧客離れ、風評被害
  • 業務データの改ざんによる業務停止、経済的損失
  • 社内情報の漏洩による競争力の低下
  • 法令違反による行政処分、損害賠償責任

中小企業は、大企業と比べてセキュリティ対策が脆弱な場合が多く、サイバー攻撃の標的になりやすいという側面もあります。そのため、中小企業においても、情報セキュリティ対策を積極的に推進することが重要です。

2. 中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドライン

中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドラインとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定している「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」があります。

このガイドラインでは、中小企業が段階的に情報セキュリティ対策を進めていくための指針が示されています。具体的には、以下の項目について解説されています。

  • 経営者による情報セキュリティ対策の重要性の理解
  • 情報セキュリティ基本方針の策定
  • リスクアセスメントの実施
  • 情報資産の分類・管理
  • 脆弱性対策
  • アクセス制御
  • 情報漏洩対策
  • 教育・啓蒙
  • 組織体制の整備
  • インシデント対応

中小企業は、このガイドラインを参考に、自社の状況に合った情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

3. 中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策

中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策としては、以下の項目が挙げられます。

  • 情報セキュリティ基本方針の策定 情報セキュリティ基本方針とは、経営者が情報セキュリティ対策に対する基本的な考え方や方針を定めたものです。情報セキュリティ対策を推進するための指針となるため、策定しておくことが重要です。
  • リスクアセスメントの実施 リスクアセスメントとは、情報資産にどのような脅威が存在し、被害が発生した場合にどのような影響が出るかを評価するものです。リスクアセスメントを実施することで、優先的に対策すべき項目を明確にすることができます。
  • 脆弱性対策 ソフトウェアやシステムの脆弱性を放置していると、サイバー攻撃の標的になりやすくなります。定期的に脆弱性診断を行い、脆弱性を発見したら速やかに修正することが重要です。
  • パスワード対策 パスワードは、不正アクセスを防ぐための重要なセキュリティ対策です。複雑なパスワードを設定し、定期的に変更するなど、適切なパスワード管理を徹底しましょう。
  • 情報漏洩対策 情報漏洩は、情報セキュリティ対策における最大の課題の一つです。情報資産を持ち出すことを禁止する、情報廃棄を徹底するなどの対策を講じましょう。
  • 教育・啓蒙 情報セキュリティ対策は、社員一人ひとりの意識が重要です。定期的に情報セキュリティに関する教育を実施し、社員のセキュリティ意識を高めましょう。

4. 情報セキュリティ対策の支援制度

情報セキュリティ対策には、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、負担が大きい場合があります。

そこで、政府や自治体では、中小企業向けの情報セキュリティ対策支援制度を設けています。具体的には、以下のような支援制度があります。

  • 補助金制度 情報セキュリティ対策にかかる費用の一部を補助する制度です。IPAや都道府県などが実施しています。
  • コンサルティング支援 情報セキュリティ対策に関する専門家が、中小企業に対して、情報セキュリティ対策の現状分析や具体的な対策方法のアドバイスなどを提供する制度です。IPAやJPCERT/CCなどが実施しています。
  • 情報提供 情報セキュリティに関する情報提供を行う制度です。IPAやNISCなどが実施しています。

中小企業は、これらの支援制度を活用して、情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

情報セキュリティ対策は、経営課題の一つとして捉え、継続的に取り組んでいくことが重要です。

by Gemini


AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?

引用

2024.05.22

EUで…AI包括規制法が成立したというニュースが…

人間中心の…人間を守る為の法律との事…。

罰金は…違反の種類に応じて€7500000〜€35000000…

12億円〜60億円???

https://jp.reuters.com/economy/industry/F7WD6NJM75ILLPOHOOGZ7HSCH4-2024-05-21

どんだけ…AIが怖いんだ…って思うのは私だけ?

AIが悪いんじゃなくて…それをコントロールする側の人間の問題…

いやっ…コントロールできなくなる…前にってこと?

Stable Artisanにて生成
Midjourneyにて生成

EU、世界初のAI包括規制法が成立

2024年5月21日, 欧州連合(EU)は、**AI(人工知能)**の開発・利用に関する包括的な規制法案を承認し、世界で初めてとなるAI規制法が成立しました。この法律は、EU域内で活動する企業を対象とし、違反した場合には最大3500万ユーロ(約60億円)か年間売上高の7%の制裁金が科されます。

規制の内容

この法律では、AIシステムを4つのリスクカテゴリーに分類し、それぞれのリスクレベルに応じて規制の厳格さを変えています。

  • 高リスク:社会信用スコアや顔認識システムなど、人権や安全に重大なリスクをもたらす可能性が高いAIシステム。原則として使用禁止
  • 高度なリスク: 医療診断や自動運転など、人命や安全に重大な影響を与える可能性があるAIシステム。厳しいリスク評価と管理措置が必要
  • 限定リスク: チャットボットやスパムフィルターなど、一般的にリスクが低いとされるAIシステム。透明性確保などの義務
  • 最小リスク: 単純な計算機プログラムなど、リスクがほとんどないとされるAIシステム。規制対象外

施行時期

この法律は2026年から施行される予定です。今後2年間、EU加盟国は、この法律の詳細な規則を策定していきます。

影響

EUのAI規制法は、世界初の包括的なAI規制法として、国際的な影響を与えることが期待されています。今後、他の国や地域でも同様の規制が導入される可能性があります。

参考情報

by Gemini


企業における生成AI研修の状況

引用

2024.05.21

JPモルガンで新入社員全員にAI研修導入…プロンプト作成スキル養成

とのニュースが流れた…

https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-05-20/jpmorgan-s-erdoes-says-every-new-hire-will-get-training-for-ai

プロンプトの重要性が求められている…。

要は…必要なのは…言語力…国語力…。

適切な回答を導くために…

生成AI=プログラムの立場に立って…

わかりやすい文章を人間が書く…という事。

なんか…変な時代になってきた?

Midjourneyにて生成
ImageFXにて生成

近年、生成AI技術の目覚ましい進歩により、企業における活用も急速に拡大しています。しかし、生成AIは高度な技術であり、その効果的な活用には専門知識が必要となります。そこで、近年多くの企業で、社員向けに生成AI研修を実施する動きが活発化しています。

研修の目的と内容

生成AI研修の目的は、主に以下の2つが挙げられます。

  • 生成AIの基礎知識の習得: 生成AIとは何か、どのような種類があるか、どのようなことができるかなどを理解する
  • 業務への活用方法の検討: 自社の業務に生成AIをどのように活用できるか、具体的なアイデアを検討する

研修内容は、企業の規模や業種、導入状況によって様々ですが、一般的には以下のような内容が扱われます。

  • 生成AIの基礎知識: 生成AIの定義、種類、仕組み、歴史、最新動向など
  • 具体的な活用事例: マーケティング、商品開発、顧客サービス、業務自動化など、各業界における具体的な活用事例
  • 導入・運用ノウハウ: 生成AIの導入・運用における課題やポイント、倫理的な配慮事項など
  • ハンズオン演習: 実際に生成AIツールを使って、簡単なタスクを実行してみる

研修の効果

生成AI研修を実施することで、以下のような効果が期待できます。

  • 社員の生成AIリテラシーの向上: 生成AIについて正しく理解し、その可能性を認識することができる
  • 業務への活用アイデアの創出: 従来とは異なる新しいアイデアが生まれ、業務効率化やイノベーション創出に繋がる
  • 導入へのスムーズな移行: 導入前に課題やリスクを理解しておくことで、スムーズな導入が可能になる
  • 倫理的な問題への意識向上: 生成AIの利用における倫理的な問題について理解し、適切な利用を促進できる

研修の形態

生成AI研修の形態は、主に以下の3つがあります。

  • 対面研修: 講師を招いて、講義やワークショップを行う形式
  • eラーニング: オンライン教材を使って、個人のペースで学習する形式
  • オンデマンド研修: 講義を録画した動画を配信し、好きな時間に視聴できる形式

研修の選び方

企業が生成AI研修を選ぶ際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 研修の目的: どのような目的で研修を実施するのか
  • 研修の内容: どのような内容を学びたいのか
  • 研修の形態: どのような形態で研修を受けたいのか
  • 研修の費用: どのくらいの費用をかけられるのか
  • 研修の講師: 講師の経歴や実績

研修の実施例

以下、生成AI研修を実施している企業の例をいくつか挙げます。

今後の展望

今後は、より多くの企業で生成AI研修が実施されることが予想されます。また、研修内容も、より実践的な内容や、特定の業務に特化した内容へと進化していくと考えられます。

生成AIは、企業の競争力向上に大きく貢献できる技術です。研修を通じて社員の理解を深め、効果的に活用することで、様々なイノベーションを起こすことができるでしょう。

by Gemini


Google 動画生成AI「Veo」発表

引用

2024.05.15

Googleが…OpenAIの「Sora」に匹敵する動画生成AI「Veo」を発表した…。

60秒超えの動画を…1920×1080ピクセルで生成できるらしい…。

今後数週間のうちに一般ユーザー向けベータ版が公開される予定とのこと…

楽しみですね。

どうなる?…どうする!…動画業界

https://deepmind.google/technologies/veohttps://deepmind.google/technologies/veo

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

Google、革新的な動画生成AI「Veo」を発表:テキストから1分超の高解像度動画を生成

2024年5月14日、GoogleはAIを活用した動画生成ツール「Veo」を衝撃的に発表しました。これは、テキストベースのプロンプトから1分を超える高解像度動画を自動的に生成できる革新的な技術です。

Veoの主な機能は以下の通りです。

  • テキストから動画生成: 単なるキーワードや文章を入力するだけで、AIが創造性を発揮し、見事な映像作品を⽣成します。
  • 高画質: 生成される動画は1920×1080ピクセルの高解像度で、臨場感あふれる映像体験を提供します。
  • 多彩なスタイル: フォトリアル、シュールリアル、アニメーションなど、様々なスタイルの動画を生成することが可能です。
  • 動画編集: 生成された動画にさらにプロンプトを追加することで、編集や修正を行うこともできます。

Veoは、映画制作、広告、ソーシャルメディアなど、幅広い分野で活用が期待されています。クリエイターの皆様は、Veoを使って、これまで想像もしていなかったような作品を生み出すことができるでしょう。

Veoは現在、一部の映画関係者向けに提供が開始されています。今後数週間のうちに、一般ユーザー向けにもベータ版が公開される予定です。

Veoの詳細情報は以下のリンクから確認できます。

Veoの登場は、動画制作の常識を覆す革新的な出来事と言えるでしょう。今後の展開から目が離せません。

by Gemini