画像生成AIの利用ガイドライン

引用

2024.02.21

一般社団法人 日本ディープラーニング協会が…

生成AIの利用ガイドライン(画像編)を公開した。

著作権の無い生成AI画像をどう取り扱うか?

ということらしいが…

使う側のリテラシーとモラルが求められる…

意識を高く持って…ですね。

https://www.jdla.org/document/ からダウンロードできる。

画像生成AIの利用ガイドラインについて

画像生成AIは、近年注目を集めている技術の一つです。創造性や可能性を秘めた技術である一方、倫理的な問題や悪用リスクも存在します。

ガイドラインの種類

画像生成AIの利用に関するガイドラインは、いくつか存在します。代表的なものを紹介します。

  • 一般社団法人日本ディープラーニング協会(JDLA)
    • 生成AIの利用ガイドライン
    • 生成AIの利用ガイドライン(画像編)
  • 一般財団法人インターネット協会(IIA)
    • AI倫理ガイドライン
  • 欧州委員会
    • 人工知能に関する倫理ガイドライン

ガイドラインの内容

これらのガイドラインは、基本的に以下の内容を網羅しています。

  • 利用目的と責任
    • 生成AIの利用目的を明確にする
    • 利用者と開発者の責任を明確にする
  • 透明性と説明責任
    • 生成AIの仕組みと利用方法を透明化する
    • 生成AIの出力結果について説明責任を果たす
  • 公平性と非差別
    • 生成AIが差別的な出力結果を生成しないようにする
  • プライバシーとセキュリティ
    • 個人情報を含む画像データの取り扱いについて適切に管理する
    • 生成AIのセキュリティ対策を講じる

画像生成AI利用時の留意点

画像生成AIを利用する際には、以下の点に留意する必要があります。

  • 著作権侵害
    • 生成AIが生成した画像が既存の著作物を侵害していないか確認する
  • 偏見や差別
    • 生成AIが偏見や差別を含む画像を生成していないか確認する
  • 悪用防止
    • 生成AIが悪用される可能性を考慮し、対策を講じる

参考情報

  • 一般社団法人日本ディープラーニング協会
  • 一般財団法人インターネット協会
  • 欧州委員会

その他

画像生成AIは、社会に大きな影響を与える可能性を秘めた技術です。利用者は、ガイドラインの内容を理解し、倫理的な責任を持って利用することが重要です。

by Gemini


中小企業のUTM-総合脅威管理って

引用

2024.02.17

自社でサーバーを建てて管理する時代は終わった…

大手サービスを活用した方が…

安全で低コストで使い勝手が良いのは分かっているのに…

切り替えができない状況を時々見かける…。

社内体質…縦割組織…経営者の勉強不足…人材不足…

課題を明確にして整備すべきである。

脅威は…目の前に迫っていますよ!


中小企業のUTM(総合脅威管理)について

UTMとは?

UTMは「Unified Threat Management」の略称で、ファイアウォール、アンチウイルス、IPS/IDS、Webフィルタリング、VPNなど、複数のセキュリティ機能を1つの機器に統合したネットワークセキュリティソリューションです。中小企業にとって、限られたリソースで効率的なセキュリティ対策を実現する有効な手段として注目されています。

UTM導入のメリット

  • コスト削減: 複数のセキュリティ製品を個別に導入するよりも、UTM 1台で必要な機能を全てまかなえるため、初期費用とランニングコストを大幅に削減できます。
  • 運用負荷軽減: 複数の製品を個別に管理する必要がなくなり、設定や運用、アップデート作業を効率化できます。管理者1人でも簡単に運用でき、人材不足解消にも役立ちます。
  • セキュリティ強化: 統合的な脅威防御により、ファイアウォールだけでは防げない最新のサイバー攻撃にも対応できます。未知の脅威に対しても、常に最新の脅威情報に基づいて防御を強化できます。
  • ネットワークの可視化: UTMは、ネットワークのトラフィックを可視化し、異常な通信を検知する機能も備えています。これにより、サイバー攻撃の早期発見・対応が可能になります。
  • コンプライアンス対応: 個人情報保護法やISMSなどの各種コンプライアンス要件への対応を容易にします。

UTM導入のデメリット

  • 機能の制限: 製品によっては、個別のセキュリティ製品と比べて機能が限定されている場合があります。高度な機能が必要な場合は、個別の製品導入も検討する必要があります。
  • パフォーマンス低下: 複数の機能を1つの機器で処理するため、ネットワークのパフォーマンスが低下する可能性があります。導入前に、自社のネットワーク環境に合った製品を選ぶことが重要です。
  • 専門知識: 設定や運用には、ある程度の専門知識が必要です。導入前に、社内に必要な知識を持った人材を育成するか、外部業者にサポートを依頼する必要があります。

中小企業向けのUTM製品

中小企業向けには、さまざまなUTM製品が販売されています。製品を選ぶ際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 必要な機能: 自社のセキュリティレベルやネットワーク環境に必要な機能を備えている製品を選びましょう。
  • 価格: 予算に合った製品を選びましょう。
  • サポート: 導入後のサポート体制が充実している製品を選びましょう。
  • パフォーマンス: 自社のネットワーク環境に負荷をかけない製品を選びましょう。

UTM導入の注意点

  • UTMは万能ではありません。UTM導入と合わせて、従業員教育や定期的な脆弱性診断など、他のセキュリティ対策も併用することが重要です。
  • UTM導入前に、自社のネットワーク環境を把握し、必要な機能を明確にしておく必要があります。
  • 導入後は、定期的な設定更新やログ監視を行い、常に最新のセキュリティ対策を維持する必要があります。

その他

  • UTMは、ファイアウォール、アンチウイルス、IPS/IDS、Webフィルタリング、VPNなどの機能を統合したネットワークセキュリティソリューションです。
  • UTM導入のメリットは、コスト削減、運用負荷軽減、セキュリティ強化、ネットワークの可視化、コンプライアンス対応などがあります。
  • UTM導入のデメリットは、機能の制限、パフォーマンス低下、専門知識が必要などがあります。
  • 中小企業向けには、さまざまなUTM製品が販売されています。製品を選ぶ際には、必要な機能、価格、サポート、パフォーマンスなどを考慮する必要があります。
  • UTM導入と合わせて、従業員教育や定期的な脆弱性診断など、他のセキュリティ対策も併用することが重要です。

by Gemini


CMも簡単に…映画だって…

引用

2024.02.16

文章から凄〜い動画を生成するAIがOpenAIからリリースされた。

その名は…「Sora」

今のところ…一般公開はしないとのことだが…

サンプル動画を一通り観る限り…絶対にいじってみたい衝動が…!

こうなってくると…ある意味なんでも簡単に出来ちゃうわけで…

CMも簡単に…映画だってつくれちゃう…

となると…人が求める方向が変わってくるのかな?

生でリアルで盛らない動画へのニーズが高まってくるんだろうな。

SNSでは既に盛らない系が浸透しつつあるらしいし…

しかし…生成AIって、改めて恐ろしい…

動画はこちら→ https://openai.com/sora

OpenAIが文章入力で動画を作成する新たなAIツール「Sora」を発表

OpenAIは2024年2月16日、テキストから動画を生成できるAIモデル「Sora」を発表しました。Soraは、ユーザーが入力した文章に基づいて、最大60秒間のリアルで想像力豊かな動画を生成することができます。

Soraの特徴

  • 詳細なシーン描写 Soraは、雪が降りしきる東京の街を歩く人々など、詳細なシーンを生成することができます。
  • 複雑なカメラワーク カメラの動きも複雑に表現することができ、映画のようなシーンを生成することができます。
  • 複数のキャラクター 複数のキャラクターが登場する動画も生成することができます。
  • 感情表現 キャラクターの感情表現も豊かに表現することができます。

Soraの潜在的な用途

  • 動画制作 Soraは、映画やテレビ番組、CMなどの動画制作に活用することができます。
  • 教育 教育現場では、複雑な概念をわかりやすく説明するためにSoraを利用することができます。
  • エンターテイメント ゲームやバーチャルリアリティなどのエンターテイメントコンテンツの制作に活用することができます。

Soraの課題

Soraは現在開発段階であり、いくつかの課題があります。

  • 誤情報の生成 Soraは、誤情報を含む動画を生成する可能性があります。
  • 倫理的な問題 偏見や差別を含む動画を生成する可能性があります。

OpenAIは、これらの課題を解決するために取り組んでいます。

Soraの発表は、AI技術の進歩を示す重要な出来事です。今後、Soraがどのように進化していくのか、注目されます。

by Gemini


創造とは、著作権とは、なんだ?

引用

2024.02.15

著作権侵害訴訟で、一先ずOpenAIが5/6勝したというニュース…

今後の展開に注目ですが…

そもそも…創造とは、著作権とは、なんだろう?

生成AIは…学習するデータが無いと成立しない?

1から100はつくれるけれど…0から1は創れない?

作家=人間はどうだろう…。

これだけ情報が氾濫した中で…

本当の意味での『0→1』は創造できているのだろうか???

生成AIをめぐる著作権侵害訴訟:最新情報と詳細な分析

2024年2月15日現在、生成AIをめぐる著作権侵害訴訟は世界中で活発化しており、米国中国日本を中心に多くの訴訟例が確認されています。

訴訟の主な争点は以下の4つです。

  1. 生成物の著作物性: 生成AIによって生成された作品は、著作権法上の著作物と認められるのか?
  2. 著作権の帰属: 生成物の著作権は誰に帰属するのか?
  3. 著作権侵害の成立: 生成AIによって生成された作品が、既存の著作物を侵害しているか?
  4. 利用許諾の必要性: 生成AIを利用して作品を生成する場合、著作権者の許諾が必要なのか?

各国の訴訟状況と注目すべき判決

米国

  • Getty Images訴訟: Getty ImagesがStable Diffusionなどの画像生成AIが著作権侵害であると主張。2023年11月、裁判所はメタ社の棄却申立を一部認容。
  • Authors Guild訴訟: 作家団体Authors GuildがGoogle AIのBardなどの生成AIが著作権侵害であると主張。2023年12月、訴訟開始。

中国

  • 騰訊訴訟: 騰訊公司がAI生成画像が著作権侵害であると主張。2023年11月、北京インターネット裁判所はAI生成画像の著作物性と著作権侵害を認める判決を下す。

日本

  • クリムゾン・ジャパン訴訟: クリムゾン・ジャパンがMidjourneyなどの画像生成AIが著作権侵害であると主張。2023年10月、訴訟開始。

注目すべき判決

  • 中国の騰訊訴訟: AI生成画像の著作物性と著作権侵害を認めた初の判決。
  • 日本のクリムゾン・ジャパン訴訟: 今後の判決が、日本の生成AIに関する著作権法解釈に大きな影響を与える可能性。

今後の展望

生成AI技術の発展に伴い、著作権侵害訴訟はさらに増加していくと考えられます。各国の裁判所の判断が、生成AIの利用に関するルール作りに大きな影響を与えるでしょう。

by Gemini


AIとの会話を記録することの意味

引用

2024.02.14

生成AIに会話を記録する機能が追加される…

普通に考えると…「そりゃそうでしょっ」となりそうですが…

よく考えると…ちょっと怖い!?

便利だけど…管理をしていかないと…

頭の中が…ダダ漏れの可能性も…。


生成AIに会話を記録する機能が追加されることについて、以下の点から考察します。

1. 会話記録機能の利点

  • 会話内容の振り返り・確認
    • 過去の発言や議論内容を振り返り、理解を深める
    • 重要な情報や決定事項を後から確認する
  • 学習・分析
    • 過去の会話データから、ユーザーの思考パターンや興味関心を分析
    • よりユーザーに合わせた情報提供やコミュニケーションを実現
  • 共有・公開
    • 興味深い会話内容を他者と共有
    • 知識や情報を共有する場として活用
  • AIの学習・進化
    • 過去の会話データから学習し、より自然で人間らしい会話ができるようになる
    • ユーザーのニーズに合わせた応答ができるようになる

2. 懸念点と課題

  • プライバシーの保護
    • 会話内容によっては、個人情報や機密情報が含まれる可能性
    • 記録内容の管理・保護体制を構築する必要がある
  • 情報の信頼性
    • 生成AIが生成した情報は、必ずしも正確ではない
    • 情報の出典や信頼性を明確にする必要がある
  • 倫理的な問題
    • 会話記録の悪用や、AIによる偏見・差別などの問題
    • 倫理的なガイドラインの策定が必要

3. 具体的な利用シーン

  • ビジネス
    • 商談や会議の議事録作成
    • 顧客とのやり取りの記録
    • 社内研修や教育資料の作成
  • 教育
    • 授業内容の記録・共有
    • 学習進捗の管理
    • 個別指導や学習支援
  • 医療
    • 診察内容の記録
    • 患者とのコミュニケーションの記録
    • 医療従事者間の情報共有
  • エンターテイメント
    • 小説や脚本の創作
    • ゲームやバーチャルリアリティのコンテンツ制作
    • 音楽や映像作品の制作

4. 今後の展望

生成AIの会話記録機能は、様々な分野で活用される可能性を秘めている。今後、技術の発展と倫理的な問題への対応が進むことで、より広く普及していくことが期待される。

5. その他

  • 会話記録機能は、生成AIの進化と社会的なニーズに合わせて、より高度化していくと考えられる。
  • 会話記録機能の利用には、ユーザーの同意が必要となる。
  • 会話記録機能は、プライバシー保護や情報セキュリティ対策を徹底する必要がある。

by Gemini