アメリカ依存のデジタル赤字

2024.04.09

デジタル赤字が世界の中でもトップクラスの我が国…JAPAN

アメリカ発のサービスやシステムに依存し過ぎている…。

確かに…使っているアプリケーションやクラウドや生成AIやSNSやパソコンまで…

全てアメリカ発である。(最近…ドル払いのサブスク金額が上がっちゃって…涙)

日本発はFontぐらい?あっ…Lineは韓国ですね…こんなに使っているのは日本だけみたいですけど…

日本発のサービスやシステムが社会インフラに浸透していない…行かない現状…。

何故なんだろう?

そう言えば…以前…日本発の3Dアプリケーションにトライした事が…

理屈っぽくて…直感的?ではなく…数字入力有き?的な印象が強く…

(e-Taxアプリみたいな…感じ?)結局…断念した記憶がある…。

日本のデジタル赤字とは?

デジタル赤字とは、日本におけるデジタルサービスの利用状況において、海外企業への支払い額が受取額を上回る状況を指します。具体的には、日本企業や個人事業主が、海外企業のクラウドサービス、SNS、ECサイト、動画配信サービスなどを利用する際に発生する料金の支払い額が、日本企業のデジタルサービスの輸出額を上回っていることを指します。

2023年の日本のデジタル赤字は、前年比16%増の5.5兆円に達し、過去最大となりました。これは、原油・粗油輸入額の半分程度に相当する規模です。国際収支統計においても、デジタル関連のサービス収支は1.63兆円の赤字となり、日本は世界最大のデジタル赤字国となっています。

デジタル赤字が拡大する背景としては、以下の点が挙げられます。

  • 日本のデジタル化の進展: 日本企業も積極的にデジタル化を進めており、その過程で海外のデジタルサービスを多く利用するようになっています。
  • デジタルサービスの海外依存: 日本のデジタルサービス市場は、米国の企業が優位に立っており、日本企業は海外企業のサービスに依存せざるを得ない状況にあります。
  • 円安: 近年、円安が進行しており、海外サービスの利用料金が割高になっています。

デジタル赤字の懸念点としては、以下の点が挙げられます。

  • 国内経済への悪影響: デジタル赤字が拡大すると、日本から海外へ資金流出が大きくなり、国内経済の停滞につながる可能性があります。
  • デジタル技術の基盤弱体化: 海外企業への依存度が高まると、日本国内でデジタル技術の基盤が弱体化し、将来的な競争力低下につながる可能性があります。
  • 情報漏洩リスク: 海外サービスを利用する際には、情報漏洩などのリスクも高まります。

デジタル赤字の対策としては、以下の点が挙げられます。

  • 国産デジタルサービスの育成: 日本の企業が競争力のあるデジタルサービスを開発し、国内外の市場でシェアを獲得することが重要です。
  • 官民連携によるDX推進: 政府が主導して、官民連携によるデジタル化を推進し、国内企業のデジタルサービス利用を促進することが重要です。
  • サイバーセキュリティ対策の強化: 情報漏洩などのリスクを軽減するために、サイバーセキュリティ対策を強化する必要があります。

デジタル赤字は、日本の経済と社会にとって深刻な課題です。政府や企業が連携して対策を進め、早急解決に取り組むことが重要です。

参考資料

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?