生成AIによる死者復活ビジネス

2024.04.29

世界各国で…死亡した人を生成AIによって甦らせるビジネスが動き出している…。

故人を偲んで…お墓参りに行く…仏壇に手を合わせる…とは同じでは無い…。

会話が出来て…映像=顔まで表現されるわけだから…

死後も…時間を共有できてしまう?わけだから…

今までの人の持つ倫理観がおかしくならないだろうか?

愛しい大切な人を失ったとしたら…

自分はどうするだろう?

生成AIに縋るんだろうか?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

AIを使って故人の姿や声を再現することへの倫理的懸念は確かに存在します。しかし、適切に実施されれば、遺族のグリーフケアにも役立つ可能性があります。

倫理的に問題のある利用を避けるために、以下の点に留意する必要があるでしょう。

  • 故人のプライバシーや尊厳を守ること
  • 故人の肖像権や著作権を適切に扱うこと
  • 遺族の同意を得ること
  • 営利目的で過度に商業化しないこと

一方で、遺族が故人との思い出を振り返り、別れを受け入れる一助になれば、AIの活用は意義があります。例えば、故人の録音や映像から自然な姿や声を再現し、メッセージを残すことができます。

AIの発展に伴い、さまざまな倫理的課題が生じるでしょう。技術と倫理のバランスを常に意識し、人々の尊厳を損なわない方法で利用することが重要です。関係者全員で議論を重ね、ルール作りをしていく必要があります。

by Claude


生成AI技術を用いた死者“復活”ビジネス:倫理・技術・ビジネス課題

生成AI技術の発展により、故人の声や姿、性格などを模倣したコンテンツを作成することが可能になりつつあります。これは、悲しみに暮れる遺族にとって、かけがえのない存在を失った喪失感を和らげ、大切な思い出を再び共有する機会を提供する可能性を秘めています。

しかし、一方で、死者“復活”ビジネスは、倫理的な問題や技術的な課題、そしてビジネスモデルの確立など、様々なハードルが存在します。

倫理的な問題

  • 死者の意思尊重: 故人が望まない形で“復活”させられることへの懸念
  • 人格の冒涜: 死者を単なるコンテンツとして扱うことへの倫理的な問題
  • 社会的影響: 死者“復活”がもたらす社会的な影響や価値観の変化への懸念

技術的な課題

  • 精度の高いコンテンツ生成: 故人の声や姿、性格などを忠実に再現する技術的な難易度
  • 個人のプライバシー: 個人情報や肖像権の保護
  • データの収集・管理: 倫理的なデータ収集方法の確立と安全な管理体制

ビジネス課題

  • 市場規模: 死者“復活”サービスに対する需要の大きさ
  • 収益モデル: 倫理的に許容される範囲内での収益化モデルの構築
  • 競争: 同様のサービスを提供する競合企業との差別化

潜在的なビジネスチャンス

  • 追悼サービス: 故人を偲ぶためのバーチャル空間や追悼式典の提供
  • 教育・エンターテイメント: 歴史上の人物や著名人などを“復活”させたコンテンツの制作
  • セラピー: 喪失感に悩む人々へのカウンセリングやセラピーサービス

今後の展望

死者“復活”ビジネスは、倫理的な問題や技術的な課題を克服し、社会的な合意を得ることができれば、大きな可能性を秘めた市場となる可能性があります。今後、技術開発や法整備、倫理的な議論などが進み、新たなビジネスモデルが確立されることが期待されます。

重要事項: 死者“復活”ビジネスは、倫理的な問題や技術的な課題、そしてビジネス課題など、様々なハードルが存在するため、慎重な検討が必要です。

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?