みなさん…どう思います?

2024.04.05

Microsoftが…Windows10の延長サポートが4年で14万円!

14万円あったら…手頃なWindows11パソコンが2台は買えるし…。

Googleが…生成AIでの検索の有料化を検討!

Google離れが…間違いなく始まっている中でのこのニュース…。

みなさん…どう思います?

Copilotデザイナーにて生成

確かに、Microsoftは2025年10月14日にサポートが終了するWindows 10向けに、**延長セキュリティ更新プログラム(ESU)**を提供しています。これは、有償でセキュリティ更新プログラムを提供するプログラムで、4年間延長することが可能です。

しかし、14万円という費用は、いくつかの点に注意が必要です。

1. 対象となるWindows 10のエディション

  • ESUプログラムの対象となるのは、Windows 10 EnterpriseおよびIoT Enterpriseエディションのみです。Home、Pro、Educationエディションは対象外となります。
  • ボリュームライセンスでの購入が必要となります。1台ごとの購入はできません。

2. ライセンスの形態と価格

  • ESUプログラムのライセンスは、1デバイスあたり1年ごとのサブスクリプションとなります。
  • 2023年12月時点の公式発表では、**1年あたりの価格はデバイスあたり1デバイスあたり年間57ドル(約8万円)**です。
  • 4年間延長する場合、合計で約22万円となります。14万円という情報との間に差異がありますので、ご注意ください。

3. その他の注意点

  • ESUプログラムは、セキュリティ更新プログラムのみを提供するものであり、機能の更新や新機能の追加は含まれません。
  • ESUプログラムの提供は、2029年10月14日までとなります。

4. 情報ソース

上記の情報は、2024年4月5日時点のものです。最新の情報については、以下のマイクロソフトの公式ページをご確認ください。

  • Windows 10 のサポート終了に関する FAQ: [無効な URL を削除しました]
  • Windows 10 のサポート終了日: [無効な URL を削除しました]

5. 代替手段

ESUプログラム以外にも、Windows 10のサポート終了後にできることはいくつかあります。

  • Windows 11へのアップグレード: Windows 11は、2025年10月14日以降もサポートが継続されます。ただし、アップグレードにはPCのハードウェア要件を満たす必要があります。
  • 古いバージョンのWindows 10を使い続ける: セキュリティリスクを承知の上で、古いバージョンのWindows 10を使い続けることも可能です。ただし、新しいソフトウェアやサービスが利用できなくなる可能性があります。
  • Linuxなどの他のOSへの移行: Windows 10に代わるオープンソースOSであるLinuxへの移行も検討できます。

6. 結論

Windows 10の延長サポートは、4年間で14万円ではなく、1年あたり約8万円です。また、対象となるWindows 10のエディションや、ESUプログラムの提供期間など、いくつかの注意点があります。

Windows 10のサポート終了後もWindows 10を使い続ける場合は、ESUプログラム以外にも、Windows 11へのアップグレード他のOSへの移行などの選択肢を検討することをおすすめします。

by Gemini


米グーグルが、生成AI(人工知能)を使ったインターネット検索サービスの一部有料化を検討していることが分かりました。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、サブスクリプション(定額課金)サービスの上位プランにAIを使った検索機能を盛り込むことを検討しているとのことです。

この動きは、グーグルが急速に進化するAI分野で地歩を築こうとしていることを示しています。もし実施されれば、同社の中核サービスである検索が初めて有料化されることになります。従来型の検索は引き続き無料で提供され、サブスク会員が利用しても検索結果が広告と一緒に表示される形になるとのことです。

このAI検索の有料化について、さまざまな規制や著作権に関わるルールの策定が求められていることも考慮すべきポイントです。生成AIの進化に伴い、今後も注目が集まるテーマとなりそうですね。

by Copilot


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?