セキュリティ対策をしない中小企業経営者

引用

2024.05.28

半数の中小企業経営者が…

セキュリティ対策の必要性を感じたことがない…という統計結果が…

恐しい…

それで…やっていけてる日本って…

ある意味…平和なんだな…。

恐しい…

Midjourneyにて生成
StableArtisanにて生成

中小企業における情報セキュリティ対策

近年、サイバー攻撃は巧妙化、悪質化しており、中小企業にとっても大きな脅威となっています。情報漏えいなどの被害は、企業の存続を危ぶむ事態にもつながりかねません。

そこで、中小企業において、情報セキュリティ対策を推進することが重要です。しかし、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、何をどのように対策すればよいのか分からないという課題もあります。

以下では、中小企業向けの情報セキュリティ対策について、基本的な考え方から具体的な対策方法まで、わかりやすく解説します。

1. 情報セキュリティ対策の重要性

情報セキュリティ対策とは、情報資産を不正アクセス、改ざん、漏洩、毀損などの脅威から保護するための対策です。情報資産には、顧客情報、業務データ、社内情報など、企業にとって重要な情報が含まれます。

情報漏えいなどの被害は、以下のような影響を与えます。

  • 顧客情報の漏洩による顧客離れ、風評被害
  • 業務データの改ざんによる業務停止、経済的損失
  • 社内情報の漏洩による競争力の低下
  • 法令違反による行政処分、損害賠償責任

中小企業は、大企業と比べてセキュリティ対策が脆弱な場合が多く、サイバー攻撃の標的になりやすいという側面もあります。そのため、中小企業においても、情報セキュリティ対策を積極的に推進することが重要です。

2. 中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドライン

中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドラインとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定している「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」があります。

このガイドラインでは、中小企業が段階的に情報セキュリティ対策を進めていくための指針が示されています。具体的には、以下の項目について解説されています。

  • 経営者による情報セキュリティ対策の重要性の理解
  • 情報セキュリティ基本方針の策定
  • リスクアセスメントの実施
  • 情報資産の分類・管理
  • 脆弱性対策
  • アクセス制御
  • 情報漏洩対策
  • 教育・啓蒙
  • 組織体制の整備
  • インシデント対応

中小企業は、このガイドラインを参考に、自社の状況に合った情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

3. 中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策

中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策としては、以下の項目が挙げられます。

  • 情報セキュリティ基本方針の策定 情報セキュリティ基本方針とは、経営者が情報セキュリティ対策に対する基本的な考え方や方針を定めたものです。情報セキュリティ対策を推進するための指針となるため、策定しておくことが重要です。
  • リスクアセスメントの実施 リスクアセスメントとは、情報資産にどのような脅威が存在し、被害が発生した場合にどのような影響が出るかを評価するものです。リスクアセスメントを実施することで、優先的に対策すべき項目を明確にすることができます。
  • 脆弱性対策 ソフトウェアやシステムの脆弱性を放置していると、サイバー攻撃の標的になりやすくなります。定期的に脆弱性診断を行い、脆弱性を発見したら速やかに修正することが重要です。
  • パスワード対策 パスワードは、不正アクセスを防ぐための重要なセキュリティ対策です。複雑なパスワードを設定し、定期的に変更するなど、適切なパスワード管理を徹底しましょう。
  • 情報漏洩対策 情報漏洩は、情報セキュリティ対策における最大の課題の一つです。情報資産を持ち出すことを禁止する、情報廃棄を徹底するなどの対策を講じましょう。
  • 教育・啓蒙 情報セキュリティ対策は、社員一人ひとりの意識が重要です。定期的に情報セキュリティに関する教育を実施し、社員のセキュリティ意識を高めましょう。

4. 情報セキュリティ対策の支援制度

情報セキュリティ対策には、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、負担が大きい場合があります。

そこで、政府や自治体では、中小企業向けの情報セキュリティ対策支援制度を設けています。具体的には、以下のような支援制度があります。

  • 補助金制度 情報セキュリティ対策にかかる費用の一部を補助する制度です。IPAや都道府県などが実施しています。
  • コンサルティング支援 情報セキュリティ対策に関する専門家が、中小企業に対して、情報セキュリティ対策の現状分析や具体的な対策方法のアドバイスなどを提供する制度です。IPAやJPCERT/CCなどが実施しています。
  • 情報提供 情報セキュリティに関する情報提供を行う制度です。IPAやNISCなどが実施しています。

中小企業は、これらの支援制度を活用して、情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

情報セキュリティ対策は、経営課題の一つとして捉え、継続的に取り組んでいくことが重要です。

by Gemini


人件費が安い…我が国「日本」

引用

2024.05.25

いつからか…先進国ではなくなった?日本…。

先進国だと思っているのは日本人だけ…

アジアを見渡しても…経済成長の低さが際立っている…。

そんな我が国に…工場回帰の波が来ている…。

人手不足の渦中ではあるが…

いつかの日本のように…良い波をつかみ取れるのだろうか…

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

人件費の安い日本への工場回帰:期待と課題

近年、円安の影響もあり、人件費の安い日本への工場回帰が注目されています。確かに、製造業における人件費は、中国などのアジア諸国に比べて日本は高水準です。しかし、近年の人件費上昇や、新型コロナウイルス感染症によるサプライチェーンの混乱などを背景に、日本国内での生産のメリットが見直されています。

工場回帰のメリット

  • 人件費上昇の抑制: 中国をはじめとするアジア諸国の人件費は近年上昇しており、今後も上昇していくことが予想されています。一方、日本の人件費は横ばい傾向にあり、相対的に割安になっています。
  • サプライチェーンの安定化: 新型コロナウイルス感染症の影響で、サプライチェーンが混乱し、部品調達や製品輸送に支障が出ています。日本国内で生産することで、こうしたリスクを低減することができます。
  • 品質向上: 日本の製造業は、高い品質で知られています。日本国内で生産することで、品質管理を徹底しやすくなります。
  • 技術革新の促進: 日本の製造業は、技術革新に積極的なことで知られています。日本国内で生産することで、研究開発と製造を連携させ、新たな技術革新を促進することができます。

工場回帰の課題

  • 人手不足: 日本国内では、少子高齢化の影響で人手不足が深刻化しています。工場回帰を進めるためには、労働力確保が課題となります。
  • 設備投資: 日本国内の工場は、老朽化している場合が多く、設備投資が必要となります。
  • 規制: 日本の製造業は、様々な規制が存在します。これらの規制が、工場回帰の障壁となる可能性があります。

今後の展望

近年の人件費上昇やサプライチェーンの混乱などを背景に、人件費の安い日本への工場回帰は加速していくと予想されます。しかし、人手不足、設備投資、規制などの課題も存在します。これらの課題を克服していくことが、工場回帰成功の鍵となります。

政府は、人材育成や規制緩和など、工場回帰を支援する政策を打ち出しています。また、企業も、自動化やロボット化などの技術革新を進めることで、人手不足やコスト削減を図っています。

今後は、政府と企業が連携して、人件費の安い日本の強みを活かし、製造業の競争力強化を進めていくことが重要となります。

参考情報

by Gemini


AIの先にある量子コンピューティングシステム

引用

2024.05.25

現在のコンピュータで…数十年要する処理を数秒で?

夢のような…量子コンピューターの開発が確実に進んでいる…。

この仕組みが出来あれば…益々…AI中心の社会構成になっていく…。

人間の存在意義が曖昧になる前に…しておかなきゃいけない事とは???

今…まさに…それを問われているのかな?

チコちゃんじゃないが…

「 ボーっと生きてんじゃねーよ! 」ってことか…な。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

量子コンピューティング・システムの開発状況(2024年5月25日時点)

量子コンピュータは、従来のコンピュータとは異なり、量子力学の原理に基づいて計算を行う次世代コンピュータです。従来のコンピュータでは解読が困難だった問題を高速で解決できる可能性を秘めており、様々な分野で革新をもたらすことが期待されています。

現在の開発状況

量子コンピュータの開発は、世界各国で活発に推進されています。特に、アメリカ、中国、欧州が主要なプレイヤーとなっており、政府や民間企業が巨額の投資を行っています。

具体的な開発状況としては、以下の点が挙げられます。

  • 量子ビット数: 量子コンピュータの基本的な単位である量子ビット数は、近年飛躍的に向上しています。2022年には、IBMが53量子ビットの量子コンピュータ「Eagle」を発表し、話題となりました。その後も、GoogleやHoneywellなどの企業が100量子ビットを超える量子コンピュータの開発を発表しています。
  • 量子ゲート操作精度: 量子ゲート操作の精度も向上しています。量子ゲート操作とは、量子ビットの状態を制御するための操作です。ゲート操作の精度が高いほど、より複雑な計算を実行することができます。
  • 量子アルゴリズム: 量子コンピュータの威力を発揮するために必要な量子アルゴリズムの開発も進んでいます。量子アルゴリズムは、量子コンピュータ特有の能力を活用した効率的な計算方法です。近年では、様々な分野で量子アルゴリズムの実用化に向けた研究が進められています。

課題

量子コンピュータの開発は、まだ多くの課題が残されています。主な課題としては、以下の点が挙げられます。

  • 量子デコヒーレンス: 量子デコヒーレンスとは、量子ビットの状態が崩れてしまう現象です。量子デコヒーレンスが起こると、正確な計算を行うことができません。量子デコヒーレンスを抑えるための技術開発が課題となっています。
  • 量子誤り訂正: 量子コンピュータは、量子ビットの状態が誤ってしまうことに対して非常に脆弱です。量子誤り訂正とは、量子ビットの状態を誤りから保護するための技術です。実用的な量子コンピュータを実現するためには、効率的な量子誤り訂正技術の開発が必要です。
  • プログラミング: 量子コンピュータをプログラムするには、従来のプログラミング言語とは異なる量子プログラミング言語を使用する必要があります。量子プログラミング言語は、まだ発展途上にあり、使いやすいツールやライブラリが不足しています。

展望

これらの課題を克服することで、量子コンピュータは様々な分野で実用化されることが期待されています。具体的には、以下のような分野への応用が期待されています。

  • 創薬: 新薬の開発には、膨大な計算量が必要となります。量子コンピュータを用いることで、従来よりも短時間で効率的に新薬の候補を見つけることができる可能性があります。
  • 材料科学: 新しい材料の開発には、複雑な量子力学計算が必要となります。量子コンピュータを用いることで、従来よりも迅速に高性能な材料を開発することができる可能性があります。
  • 金融: 金融市場のシミュレーションやリスク分析などに量子コンピュータを活用することで、より効率的な金融システムを構築することができる可能性があります。
  • 人工知能: 量子コンピュータを用いることで、従来よりも高性能な人工知能を開発することができる可能性があります。

量子コンピュータは、社会全体に大きな変革をもたらす可能性を秘めた技術です。今後は、研究開発の進展とともに、実用化に向けた取り組みが活発化していくことが予想されます。

参考情報

by Gemini


企業における生成AI研修の状況

引用

2024.05.21

JPモルガンで新入社員全員にAI研修導入…プロンプト作成スキル養成

とのニュースが流れた…

https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-05-20/jpmorgan-s-erdoes-says-every-new-hire-will-get-training-for-ai

プロンプトの重要性が求められている…。

要は…必要なのは…言語力…国語力…。

適切な回答を導くために…

生成AI=プログラムの立場に立って…

わかりやすい文章を人間が書く…という事。

なんか…変な時代になってきた?

Midjourneyにて生成
ImageFXにて生成

近年、生成AI技術の目覚ましい進歩により、企業における活用も急速に拡大しています。しかし、生成AIは高度な技術であり、その効果的な活用には専門知識が必要となります。そこで、近年多くの企業で、社員向けに生成AI研修を実施する動きが活発化しています。

研修の目的と内容

生成AI研修の目的は、主に以下の2つが挙げられます。

  • 生成AIの基礎知識の習得: 生成AIとは何か、どのような種類があるか、どのようなことができるかなどを理解する
  • 業務への活用方法の検討: 自社の業務に生成AIをどのように活用できるか、具体的なアイデアを検討する

研修内容は、企業の規模や業種、導入状況によって様々ですが、一般的には以下のような内容が扱われます。

  • 生成AIの基礎知識: 生成AIの定義、種類、仕組み、歴史、最新動向など
  • 具体的な活用事例: マーケティング、商品開発、顧客サービス、業務自動化など、各業界における具体的な活用事例
  • 導入・運用ノウハウ: 生成AIの導入・運用における課題やポイント、倫理的な配慮事項など
  • ハンズオン演習: 実際に生成AIツールを使って、簡単なタスクを実行してみる

研修の効果

生成AI研修を実施することで、以下のような効果が期待できます。

  • 社員の生成AIリテラシーの向上: 生成AIについて正しく理解し、その可能性を認識することができる
  • 業務への活用アイデアの創出: 従来とは異なる新しいアイデアが生まれ、業務効率化やイノベーション創出に繋がる
  • 導入へのスムーズな移行: 導入前に課題やリスクを理解しておくことで、スムーズな導入が可能になる
  • 倫理的な問題への意識向上: 生成AIの利用における倫理的な問題について理解し、適切な利用を促進できる

研修の形態

生成AI研修の形態は、主に以下の3つがあります。

  • 対面研修: 講師を招いて、講義やワークショップを行う形式
  • eラーニング: オンライン教材を使って、個人のペースで学習する形式
  • オンデマンド研修: 講義を録画した動画を配信し、好きな時間に視聴できる形式

研修の選び方

企業が生成AI研修を選ぶ際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 研修の目的: どのような目的で研修を実施するのか
  • 研修の内容: どのような内容を学びたいのか
  • 研修の形態: どのような形態で研修を受けたいのか
  • 研修の費用: どのくらいの費用をかけられるのか
  • 研修の講師: 講師の経歴や実績

研修の実施例

以下、生成AI研修を実施している企業の例をいくつか挙げます。

今後の展望

今後は、より多くの企業で生成AI研修が実施されることが予想されます。また、研修内容も、より実践的な内容や、特定の業務に特化した内容へと進化していくと考えられます。

生成AIは、企業の競争力向上に大きく貢献できる技術です。研修を通じて社員の理解を深め、効果的に活用することで、様々なイノベーションを起こすことができるでしょう。

by Gemini


プルリバーサルデザインとは

引用

2024.05.19

最近…耳にするようになってきた…「プルリバーサルデザイン

多様性を意識して…誰もが排除されることが無いように…かぁ…

難しい…

とんがっちゃいけない?

ターゲットが絞れない?

全ての人に受け入れられるデザイン…

課題だなぁ…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

しかし…どんどん世の中が…

つまらない方へ…平準化していく…気がする…。


プルリバーサルデザイン(Pluriversal Design)は、近年注目を集めている新しいデザイン概念です。従来の「ユニバーサルデザイン」とは異なり、多様性を重視した点が特徴です。

1. ユニバーサルデザインとの違い

ユニバーサルデザインは、すべての人にとって使いやすいデザインを目指します。一方、プルリバーサルデザインは、すべての人にとって使いやすいだけでなく意味のあるデザインを目指します。

つまり、ユニバーサルデザインが機能性に重点を置いているのに対し、プルリバーサルデザインは文脈や価値観も考慮した、より包括的なデザインと言えるでしょう。

2. プルリバーサルデザインの原則

プルリバーサルデザインには、いくつかの原則があります。

  • 多様性を尊重する: 異なる文化、価値観、能力を持つ人々を尊重し、排除しない。
  • 共存を促進する: 人間以外の存在(動物、植物、自然など)との共存を意識したデザイン。
  • 相互依存性を理解する: すべての存在は互いに依存し、影響を与え合っていることを理解したデザイン。
  • 変化を受け入れる: 世界は常に変化しており、デザインも変化に対応していく必要がある。
  • ローカルな文脈を重視する: 地域やコミュニティの固有のニーズや文化を反映したデザイン。

3. プルリバーサルデザインの具体例

プルリバーサルデザインの具体的な例はまだ多くありませんが、以下のような取り組みが挙げられます。

  • 地域に根ざした福祉デザイン: その地域の人々のニーズや文化に合わせた福祉用具やサービスのデザイン。
  • 多様な学習スタイルに対応した教育デザイン: 異なる学習スタイルを持つ学生が皆学びやすい教育環境のデザイン。
  • 持続可能な都市デザイン: 環境負荷を減らし、生物多様性を保ちながら、人々が快適に暮らせる都市のデザイン。

4. プルリバーサルデザインの重要性

プルリバーサルデザインは、誰もが排除されることなく、より良い世界を作るために重要です。

近年、グローバル化や情報化社会の進展に伴い、多様性がますます重要になっています。従来のユニバーサルデザインでは対応しきれない課題も多く、プルリバーサルデザインのような新しいデザイン概念が必要とされています。

プルリバーサルデザインは、まだ発展途上の概念ですが、今後のデザインのあり方を大きく変えていく可能性を秘めています。

参考資料

by Gemini