生成AIサービス乱立への懸念…

2024.02.05

乱立するんだろうな…生成AIを横展開したサービスが…。

権利とか…法規とか…倫理とか…リテラシーとか…とか…色々と心配である。

プロジェクトに一緒に参加した友人(漫画家)の顔が浮かぶ…。

近年、生成AIサービスが急速に普及しています。これらのサービスは、テキストや画像、音楽などのコンテンツを自動的に生成することができ、様々な用途で活用されています。

しかし、生成AIサービスの乱立には、いくつかの懸念があります。

1. 倫理的な問題

生成AIサービスは、差別的な表現や偏見を含むコンテンツを生成する可能性があります。また、フェイクニュースやプロパガンダの作成にも悪用される可能性があります。

2. 著作権の問題

生成AIサービスによって生成されたコンテンツの著作権は、誰に帰属するのかという問題があります。また、既存の作品を模倣したコンテンツを生成することが倫理的に問題となる場合もあります。

3. セキュリティの問題

生成AIサービスは、悪意のあるユーザーによって悪用される可能性があります。例えば、個人情報の流出やサイバー攻撃などに利用される可能性があります。

4. 社会への影響

生成AIサービスによって、大量の偽のコンテンツが生成される可能性があります。これは、人々の判断力や思考能力を低下させる可能性があります。

5. 経済への影響

生成AIサービスによって、一部の職業がなくなる可能性があります。また、生成されたコンテンツの価値が低下し、経済に悪影響を与える可能性があります。

解決策

これらの懸念に対して、いくつかの解決策が考えられます。

1. 倫理ガイドラインの策定

生成AIサービスの開発・利用に関する倫理ガイドラインを策定し、差別や偏見を含むコンテンツの生成を防止する必要があります。

2. 著作権制度の整備

生成AIサービスによって生成されたコンテンツの著作権に関する制度を整備する必要があります。

3. セキュリティ対策の強化

生成AIサービスのセキュリティ対策を強化し、悪意のあるユーザーによる悪用を防ぐ必要があります。

4. メディアリテラシー教育の推進

メディアリテラシー教育を推進し、人々が偽のコンテンツを見抜く力を養う必要があります。

5. 社会・経済への影響の調査

生成AIサービスが社会・経済に与える影響について調査し、適切な対策を講じる必要があります。

まとめ

生成AIサービスは、社会に大きな利益をもたらす可能性を秘めています。しかし、同時に様々な懸念もあります。これらの懸念に対して、関係者間で協力して解決策を模索していくことが重要です。

by Bard


New Posts:
格差社会に宿る?横行する詐欺広告
コミュニケーションツールの世代ギャップ
生成AIのミスコン?開催
飲みニケーションは必要?
声の肖像権が認められる
中小企業の労働時間調査
企業の著作権に対する考え方
生成AIは職人の技術に取って代われるか
生成AIがもたらす第4次産業革命
日本も…他人事では無い…
生成AIが持つ懸念に対する内閣府と文化庁の考え方
AIに営業を教わる時代?
生成AIが自動車産業にもたらす可能性
コンテンツ制作系の生成AIの進化が止まらない
アメリカ依存のデジタル赤字
生成AIからクリエイターを守る...とは
生成AIで通常業務の6割を削減する
プロンプトだけでチャットや翻訳や画像生成サイトがつくれる
AIアップスケーラーについて
経営者が完全出社を求める理由
政府基幹システムをWindowsからLinuxへ
みなさん…どう思います?
自治体では全国初のAIチャットシステム
なぜ?企業は生成AIの導入に否定的なのか...
お財布を開かなくなった...
中小製造企業が導入可能な価格のCADの必要性
益々…広告価値が下がっていくな…
印税は誰に入るの?
画像生成のプロンプトに困った時に...
Chat+Shell+Browser+Editor+Planner=Devin
生成AIにおけるデザインとスクレイピングと権利
演技力が求められる動画生成AI
フェイクに悪用されないことを願うばかり
声だけでパソコンを遠隔で操る端末
生成AIのみでつくられるPVの今後
中国発の生成AI「訊飛星火」
生成AIの脆弱性
生成AIに対する経営側の意識の低さ
絵コンテに使えるかも?
生成AIが産業ロボットを別物に変える