最近増えてきた画像生成エラー

2024.05.11

昨日に引き続き…画像生成の質の低下について…

私の環境下で…StabilityAIのDreamStudioの生成エラーが頻発している…。

https://beta.dreamstudio.ai

こんな感じ…

1枚1枚に費用がかかっている訳で…

ここに掲載できないような…悍ましい画像も…

やっぱり…勉強しすぎで…疲労困憊なのかな…?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

最近、画像生成AIにおいて、いくつかの種類のエラーが報告されています。代表的なものと、考えられる原因、そして改善策を以下にまとめます。

1. 奇妙な画像生成:

  • 症状: 顔や体が不自然に歪んだ、奇妙な模様が出た、現実離れした画像などが生成される。
  • 原因:
    • 訓練データに含まれるバイアス: 訓練データに偏りが存在し、特定の属性の組み合わせが過剰に含まれている場合、それが異常な画像生成に繋がる可能性があります。
    • モデルの過学習: モデルが訓練データに過度に適合し、データに含まれないような異常なパターンを生成してしまう可能性があります。
  • 改善策:
    • 訓練データの多様性を確保する: 訓練データに様々な属性の画像を含め、偏りを as 最小限に抑えることが重要です。
    • データ拡張を行う: 既存の訓練データに対して回転、反転、色変換などの操作を行い、データ量を人工的に増加させることで、モデルの過学習を防ぐことができます。
    • 正則化手法を用いる: L1正則化やL2正則化などの手法を用いることで、モデルが複雑になりすぎるのを防ぎ、異常な画像生成を抑えることができます。

2. ぼやけた画像生成:

  • 症状: 解像度が低く、ぼやけた、ディテールが欠如した画像が生成される。
  • 原因:
    • 訓練データの解像度が低い: 訓練データの解像度が低すぎると、モデル自体も高解像度の画像を生成することができなくなります。
    • モデルの容量が小さい: モデルの容量が小さすぎると、複雑な画像を表現するための十分な表現力がなく、結果としてぼやけた画像になってしまう可能性があります。
  • 改善策:
    • 高解像度の訓練データを使用する: モデルが生成する画像と同等の解像度の画像を訓練データとして使用する必要があります。
    • モデルの容量を増やす: モデルのニューロン数や層数を増やすことで、モデルの表現力を上げることができます。
    • 転移学習を行う: ImageNetなどの大規模な事前学習済みモデルをベースとして、画像生成タスクに微調整を行うことで、高解像度の画像生成が可能になります。

3. テキストと画像の不一致:

  • 症状: 入力されたテキストと生成された画像の内容が一致していない、または関連性がない画像が生成される。
  • 原因:
    • テキストと画像のデータセットが不一致している: テキストと画像のデータセットが別々に収集された場合、両者の間に不一致が生じることがあります。
    • モデルのアーキテクチャが不適切: 使用しているモデルのアーキテクチャが、テキストと画像の情報を適切に統合するために設計されていない可能性があります。
  • 改善策:
    • テキストと画像のペアデータセットを使用する: テキストと画像が対応付けられたペアデータセットを用いることで、モデルが両者の間の関係性を学習しやすくなります。
    • マルチモーダル学習: テキストと画像の情報を同時に処理できるようなマルチモーダル学習のモデルを使用することで、テキストと画像の一貫性を高めることができます。
    • 注意機構を用いる: モデル内に注意機構を導入することで、モデルが生成する画像の部分と、入力されたテキストとの関連性を高めることができます。

4. 倫理的な問題:

  • 症状: 暴力的な、差別的な、またはわいせつな画像が生成される。
  • 原因:
    • 訓練データに偏りが存在する: 訓練データに暴力的な画像や差別的な画像などが含まれている場合、モデルはそれらを学習し、同様の画像を生成してしまう可能性があります。
    • モデルの悪用: 悪意のあるユーザーが、意図的に倫理的に問題のある画像を生成させるためにモデルを悪用する可能性があります。
  • 改善策:
    • 倫理的なガイドラインを策定する: 画像生成AIの開発・利用における倫理的なガイドラインを策定し、倫理的に問題のある画像の生成を防ぐ必要があります。
    • フィルタリング技術を用いる: 生成された画像を自動的に分析し、暴力的な表現や差別的な表現などを検出してフィルタリングする技術を開発する必要があります。
    • ユーザー教育を行う: 画像生成AIの利用における倫理的な問題について、ユーザーに対して教育を行うことが重要です。

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?
昨日に引き続き…SNS詐欺動画広告について