日本におけるソブリンAIとは

2024.05.16

ソブリン(sovereign) とは…独立国家・主権者・統治者という意味…。

「ソブリンAI」…このネーミングは正直好きじゃない…。

まるで…AIに統治されるようなイメージを彷彿させる…。

日本においても…着々?と進んでいるようですが…

上手くいっていない印象が強いですね…。

ソブリンAIの整備が一定数終わった先に…何があるのか?

少し…怖い気がします…。

Midjourneyにて生成
Stable Artisanにて生成

ソブリンAIとは、国家が自国のインフラ、データ、労働力、ビジネスネットワークを活用して人工知能(AI)を開発・運用する能力を指します。この概念は、データ主権を確立し、外部への依存を減らすことで、国家の経済的および技術的な自立を目指すものです。

日本におけるソブリンAIの取り組みは、特にNVIDIAやオラクルなどの企業との協力を通じて進められています。NVIDIAは、日本政府および企業と協力し、日本語モデルの開発や自然災害対応、気候レジリエンスの向上などを目的としたAI技術の導入を推進しています​ (NVIDIA Japan Blog)​​ (プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES)​。また、オラクルとNVIDIAの提携により、分散型クラウドおよび生成AIプラットフォームを利用したAIファクトリーの構築も進められており、これによりローカルおよび国のセキュアな施設内でクラウドサービスを運用できるようになります​ (マイナビニュース)​。

これらの取り組みは、AI技術の普及と同時にデジタル主権を確立し、国内のデータを安全に管理しながら、経済的成長と技術革新を促進することを目的としています。例えば、ソフトバンクとNVIDIAの協業により、5Gおよび6Gアプリケーション向けの生成AIプラットフォームや分散型AIファクトリーのネットワークが構築されています​ (NVIDIA Japan Blog)​。

日本はこのように、ソブリンAIを通じて技術的な独立性と経済的成長を両立させるための努力を続けています。

by ChatGPT


日本におけるソブリンAIとは、国家が自国のインフラ、データ、人材、ビジネスネットワークを活用して、AIを創造し、利用する能力を指します。これは、AI技術が生み出す莫大な経済効果を国内に取り込み、国家の競争力を強化するために重要と考えられています。

具体的には、以下のような取り組みが推進されています。

  • AIインフラの整備: 国内にAI開発・運用に必要な計算機リソースやデータセンターを整備し、国内企業や研究機関がAI技術を容易に利用できるようにする。
  • データの利活用: 民間企業や行政機関が保有するデータを安全かつ効率的に収集・分析し、AI開発に活用できるようにする。
  • 人材育成: AI開発・運用に必要な専門人材を育成し、国内のAIエコシステムを活性化する。
  • 倫理ガイドラインの策定: AI開発・利用における倫理的な課題を検討し、適切なガイドラインを策定する。

日本政府は、2020年3月に策定した「AI基本計画」において、ソブリンAIの推進を重点施策の一つとして掲げています。また、経済産業省は、2024年5月に国内主要クラウド事業者と連携し、AIモデルの学習・実行に必要な計算機リソースやデータセットを整備する「AIストレージサービス」の提供を開始しました。

民間企業もソブリンAIの取り組みに積極的に参画しており、NTTデータ、富士通、NECなどの大手IT企業は、AIインフラやデータ利活用サービスの提供、AI人材の育成などを行っています。

ソブリンAIは、日本のAI技術の発展と社会実装を加速させ、国家の競争力強化に貢献することが期待されています。しかし、一方で、データの安全性や倫理的な問題など、克服すべき課題も存在します。今後、これらの課題を解決しながら、ソブリンAIの取り組みを推進していくことが重要となります。

以下、ソブリンAIに関する参考情報です。

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?