画像生成AIの偏りと質の低下

2024.05.10

画像生成AIを使っていて…最近…感じる事…

・以前ほど…感動や共感がなくなった…

・生成AIの学習データが煩雑化してきたのか?
イメージしてる画像の生成に工数がかかるようになってきた…

・生成された画像に偏りを感じる事が増えた…

・イメージした画像が生成できない…

・ハルシネーションが予想以上に多く…
デザイン業務への活用の難しさを実感し始めている…

・作業化してきている…

・Midjourney…一択になってきた…

生成AIが…今の社会のニーズと情報量に…困惑して…疲弊している…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

画像生成AIの質の低下

具体的な問題点としては、以下のようなものが挙げられています。

  • 奇妙な画像や不自然な画像の生成: 以前よりも奇妙な画像や不自然な画像を生成することが多くなったという指摘があります。これは、学習データに含まれるバイアスが反映されてしまうことなどが原因と考えられています。
  • 創造性の低下: 以前は独創的な画像を生成することができたAIも、最近では似たような画像ばかりを生成するようになってしまったという指摘があります。これは、学習データの偏りや、AIの学習方法に問題がある可能性があります。
  • 倫理的な問題: 画像生成AIによって、人の尊厳を傷つけるような画像や、差別的な画像が生成されてしまうという問題も指摘されています。これは、AIの倫理的なガイドラインが十分に整備されていないことが原因と考えられています。

しかし、画像生成AIの技術は依然として発展途上にあり、これらの問題は今後解決されていく可能性もあります。また、新しい画像生成AIが続々と開発されており、より高品質な画像を生成できるAIも登場しています。


近年、画像生成AIの技術は著しく進歩し、高品質でリアルな画像を生成することが可能になりました。しかし、一方で、画像生成AIの質が低下しているという問題も指摘されています。

画像生成AIの質が低下する原因

画像生成AIの質が低下する原因はいくつか考えられます。

  • 学習データの偏り: 画像生成AIは、大量の画像データから学習することで画像を生成します。しかし、学習データに偏りがあると、生成される画像も偏ったものになってしまうことがあります。例えば、人物の画像ばかり学習させたAIは、風景の画像を生成するのが苦手になる可能性があります。
  • モデルの複雑化: 近年の画像生成AIは、より高品質な画像を生成するために、モデルが複雑化されています。しかし、モデルが複雑化すると、学習に時間がかかったり、計算量が多くなったりする問題があります。また、モデルが複雑化すると、学習データの偏りの影響を受けやすくなったり、ノイズが出やすくなったりする問題もあります。
  • 評価指標の限界: 画像生成AIの質を評価する指標として、PSNRやSSIMなどの指標がよく用いられます。しかし、これらの指標は人間の知覚と必ずしも一致するわけではありません。そのため、これらの指標で高い評価を得た画像であっても、人間が見て質が高いと感じる画像とは限らないのです。

画像生成AIの質の低下を解決するための取り組み

画像生成AIの質の低下を解決するためには、以下の取り組みが重要です。

  • 多様な学習データの収集: 画像生成AIの学習に用いるデータは、できるだけ多様で偏りのないものにする必要があります。そのためには、様々な種類の画像を収集する必要があります。
  • モデルの効率化: 画像生成AIのモデルを効率化することで、学習時間を短縮し、計算量を削減することができます。また、モデルを効率化することで、学習データの偏りの影響を受けにくくしたり、ノイズが出にくくしたりすることができます。
  • 新しい評価指標の開発: 人間が見て質が高いと感じる画像を評価できるような、新しい評価指標の開発が必要です。

今後の展望

画像生成AIの技術は、今後も発展していくことが予想されます。画像生成AIの質が向上することで、画像生成AIの活用範囲が広がることが期待されます。

しかし、一方で、画像生成AIの悪用も懸念されています。例えば、偽の画像や動画を作成して、人々を欺いたり、プロパガンダを拡散したりする可能性があります。

画像生成AIの倫理的な利用について、議論していくことが重要です。

参考情報

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?
昨日に引き続き…SNS詐欺動画広告について