生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント

2024.05.20

OpenAIとGoogleの…今後の検索のあり方を問う競争が…激化している…。

正直…個人的には…

そんなに即時対応は求めている訳でもなく…

音声も必要性をあまり感じていないし…

情報が多すぎても困る訳で…

便利になるのは良い事ですが…

賢くなり過ぎると…自身の?人間側の?稚拙さが露呈してしまう訳で…

そんなことを考えてしまいますね…。

そのうち…AIアシスタントに…叱られたりして…ね?

DreamStudioにて生成
Midjourneyにて生成

生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント:2024年5月最新情報

激化するAIアシスタント戦争

OpenAIとGoogleは、AIアシスタントの分野でしのぎを削っています。両社とも、生成AI技術を活用した次世代AIアシスタントを発表し、AI技術の進化を加速させています。

OpenAI:GPT-4.0でさらなる高みへ

OpenAIは、2024年5月に最新モデル「GPT-4.0」を発表しました。GPT-4.0は、従来モデルよりも大幅に向上した以下の能力を持ち、AIアシスタントの機能を大きく拡張します。

  • テキスト・音声・画像のマルチモーダル処理: テキスト、音声、画像の情報を統合的に処理し、より自然で人間らしいコミュニケーションを実現
  • 高速・高精度な音声認識・生成: 音声認識の精度が向上し、より自然な音声での会話が可能に。さらに、人間のような滑らかな音声生成も実現
  • APIの大幅改善: 処理速度と処理コストが大幅に改善され、より多くのユーザーが利用しやすくなった
  • 英語以外の言語対応: 英語以外の言語での性能が向上し、グローバルな利用が可能に

Google:Project Astraで対抗

Googleも負けじと、2024年5月に「Project Astra」を発表しました。Project Astraは、以下の点に注力し、GPT-4.0に対抗します。

  • リアルタイム翻訳機能: ライブ映像で相手の周囲を分析し、会話の内容をリアルタイムで翻訳。言語の壁を超えたコミュニケーションを可能に
  • マルチモーダル情報検索: テキスト、音声、画像の情報だけでなく、匂いや味覚などの情報も検索可能。より直感的で効率的な情報収集を実現
  • 高度なタスク遂行能力: コーディングや文章作成など、より複雑なタスクをこなせるようになり、ユーザーの業務効率を大幅に向上
  • 安全性の確保: 生成AIが抱える倫理的な問題や安全性の課題に積極的に取り組み、信頼性の高いAIアシスタントの開発を目指す

今後の展望

OpenAIとGoogleの競争は、AIアシスタントの機能を飛躍的に向上させ、ユーザーに革新的な体験を提供していくことでしょう。今後は、以下の点に注目していく必要があります。

  • 真の自然言語処理能力: 人間同士の会話と区別がつかないほどの自然な言語処理能力の獲得
  • マルチモーダル情報の高度な活用: テキスト、音声、画像だけでなく、あらゆる情報をシームレスに連携させた、より直感的なユーザーインターフェースの実現
  • 倫理的なAI開発: AIアシスタントが社会に与える影響を考慮した、倫理的で責任ある開発
  • パーソナライゼーション: ユーザー一人ひとりのニーズに合わせた、きめ細やかなアシスタンス機能の提供

AIアシスタントは、私たちの生活を大きく変革する可能性を秘めています。今後は、OpenAIとGoogleの技術革新に注目し、AIアシスタントがどのように進化していくのかを見守っていきましょう。

参考情報

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?