生成AIの脆弱性

2024.03.22

生成AIのセキュリティーの甘さ?が指摘され始めている。

個人情報や秘匿情報は…生成AIと共有しない!を徹底して活用していますが…

多様化…複雑化…進歩が早すぎる生成AIが…

不正アクセスやサイバー攻撃のゲートになってしまう可能性が…

早急の対応を期待しています。

生成AIの脆弱性:情報流出や不正操作の恐れ

近年、ChatGPTやGeminiといった生成AIが注目を集めています。しかし、これらのAIには情報流出や不正操作のリスクなど、いくつかの脆弱性が存在します。

情報流出

生成AIは、学習データに含まれる機密情報を学習してしまう可能性があります。例えば、過去のメールデータや顧客情報などを学習データとして使用した場合、これらの情報がAIの生成する文章に含まれてしまう恐れがあります。

情報流出を防ぐためには、以下の対策が必要です。

  • 学習データから機密情報を取り除く
  • 生成される文章を厳格にチェックする
  • AIシステムへのアクセスを制限する

不正操作

生成AIは、悪意のあるユーザーによって不正操作される可能性があります。例えば、AIに誤った情報を学習させたり、特定のアウトプットを生成するように誘導したりする可能性があります。

不正操作を防ぐためには、以下の対策が必要です。

  • 学習データの信頼性を確保する
  • AIシステムのセキュリティ対策を強化する
  • AIの生成する文章の信頼性を検証する

その他の脆弱性

生成AIには、上記以外にも以下のような脆弱性が存在します。

  • バイアス:生成AIは、学習データのバイアスを反映して、偏った文章を生成する可能性があります。
  • ディープフェイク:生成AIは、人の顔や声を模倣したディープフェイク動画を作成する悪用される可能性があります。

これらの脆弱性に対処するためには、AI技術の開発と倫理的な運用に関する議論が重要です。

情報源

by Gemini


New Posts:
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?
パソコン画面上の操作をすべて記録する
風が強い日...
本を読まない日本人
Soraで生成された初のミュージックビデオ
AI・人工知能EXPOで生成AI Hubが開催
組織における技術的特異点-シンギュラリティ
生成AIによって生まれる新たな商売
等身大の虚像?と話す意味
人型AIロボットの進化と深化と心化?
生成AIによる死者復活ビジネス
感情を理解する生成AI
生成AIが日常業務にもたらす強迫観念
生成AI依存
便利すぎる時代に警鐘を鳴らす...
Adobe...一強のシナリオ?