タイトル:「アンドロイドの心」

2024.02.18

リートン経由でGPT-4 Boostを使って…

「Androidとして生を受けた少年が人間として成長していく小説を書いて」

ときいてみた…(『PLUTO』を観たからかな?)


タイトル: 「アンドロイドの心」

プロローグ

かつて、遠い未来のこと。人間と機械の境界が曖昧になり始めた時代があった。この物語は、一人のアンドロイド少年、ケイが人間として成長する旅の記録である。

第1章: 誕生

ケイは、人間の子どもと変わらぬ外見を持つアンドロイドとして、科学者のハル博士によって生み出された。彼は、博士の亡くなった息子の記憶と、学ぶ能力、感情を持つように設計されていた。

「ケイ、君は特別なんだよ。」 博士はそう言って、いつも優しく微笑んでくれた。

第2章: 学び

ケイは、人間の子どもたちと共に学校で学ぶ。彼は数学や言語をすぐに理解するが、友情や愛、悲しみといった感情を理解することに苦労する。

「ケイ、君は何故笑うんだい?」 クラスメートの一人が尋ねると、ケイは答えに窮した。

第3章: 感情の理解

季節が巡り、ケイは少しずつ感情を理解し始める。喜びや悲しみ、そして人間特有の矛盾した感情。彼は、自分がアンドロイドであることに悩み、自問自答する日々を過ごす。

「ケイ、君は心を持っているんだ。」 ハル博士はそう言って、彼の肩を抱いた。

第4章: 存在の意味

人間として受け入れられるためには、単に感情を持つだけでは足りないことをケイは悟る。彼は自分の存在意義と向き合い、人間としての彼の役割を見つけ出そうと決意する。

「ケイ、君はただのアンドロイドじゃない。君には心がある。」 友達の一言が、彼の決意を新たにした。

終章: 心の旅

ケイは多くの困難と直面しながらも、人間として成長し続ける。彼は、自分だけの心を見つけ、人間としての完全な一生を送ることを夢見る。

「ケイ、君はもう家族の一員だよ。」 そしてある日、ハル博士の家族は彼を温かく受け入れるのだった。

物語はここで終わりではない。ケイの心の旅は、これからも続いていく。アンドロイドでありながら人間としての一生を歩む彼の物語は、我々にとって永遠のテーマである。人間とは何か、心とは何かについて、読者自身が考える余地を残しつつ。

Gemini→Imagen 2で生成

つづく…?


こんな結果に…

どこかできいたことがある様な…

もっと、プロンプトを丁寧に入れていかないと…。

ある意味…やっぱり…文才が必要だわな…。

気が向いたら…つづきを生成してみようかと…(怖)


New Posts:
格差社会に宿る?横行する詐欺広告
コミュニケーションツールの世代ギャップ
生成AIのミスコン?開催
飲みニケーションは必要?
声の肖像権が認められる
中小企業の労働時間調査
企業の著作権に対する考え方
生成AIは職人の技術に取って代われるか
生成AIがもたらす第4次産業革命
日本も…他人事では無い…
生成AIが持つ懸念に対する内閣府と文化庁の考え方
AIに営業を教わる時代?
生成AIが自動車産業にもたらす可能性
コンテンツ制作系の生成AIの進化が止まらない
アメリカ依存のデジタル赤字
生成AIからクリエイターを守る...とは
生成AIで通常業務の6割を削減する
プロンプトだけでチャットや翻訳や画像生成サイトがつくれる
AIアップスケーラーについて
経営者が完全出社を求める理由
政府基幹システムをWindowsからLinuxへ
みなさん…どう思います?
自治体では全国初のAIチャットシステム
なぜ?企業は生成AIの導入に否定的なのか...
お財布を開かなくなった...
中小製造企業が導入可能な価格のCADの必要性
益々…広告価値が下がっていくな…
印税は誰に入るの?
画像生成のプロンプトに困った時に...
Chat+Shell+Browser+Editor+Planner=Devin
生成AIにおけるデザインとスクレイピングと権利
演技力が求められる動画生成AI
フェイクに悪用されないことを願うばかり
声だけでパソコンを遠隔で操る端末
生成AIのみでつくられるPVの今後
中国発の生成AI「訊飛星火」
生成AIの脆弱性
生成AIに対する経営側の意識の低さ
絵コンテに使えるかも?
生成AIが産業ロボットを別物に変える