10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない

引用

2024.05.29

10年前のWebサイトの38%がアクセス不能との記事…

https://www.pewresearch.org/data-labs/2024/05/17/when-online-content-disappears/

ページとシステムの更新を…まめにしていかないと…って事ですね…。

個人的には…3年とか…更新が無かったら…

自動的に削除…みたいな仕組みがあっても良いって思うんです…。

でないと…現在に合っていない古い情報に踊らされたり…

データが膨大になり過ぎて…探しきれなくなっちゃうし…

生成AIも困る?と思うんですよね…。

ハード機器の費用がいくらあっても足りなくなっちゃうし…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

確かに、調査によると10年前のWebサイトのうち、現在アクセス可能なものは60%程度にとどまると言われています。これは、様々な要因が複合的に影響していると考えられます。

主な要因として以下の点が挙げられます:

  • 技術の進歩: Web技術は目覚ましい速度で進化しており、10年前の技術で作られたWebサイトは、現在のブラウザやデバイスで正しく表示されない可能性があります。
  • 情報の陳腐化: 10年も経てば、Webサイトに掲載されている情報が古くなったり、必要なくなったりしている可能性があります。
  • サイト運営の停止: 企業や個人の事情により、Webサイトの運営が停止されるケースがあります。
  • ドメインの消失: ドメインの有効期限切れや、移転手続きの不備などにより、Webサイトがアクセスできなくなることがあります。

一方、40%のWebサイトが10年経っても存在しているのは、以下のような理由が考えられます。

  • 良質なコンテンツ: 有益で価値のあるコンテンツは、時間経過に関わらずユーザーに求められ続けるため、Webサイトが存続する可能性が高くなります。
  • 定期的な更新: Webサイトを定期的に更新することで、検索エンジンからの評価が高くなり、ユーザーの訪問も増えるため、存続する可能性が高くなります。
  • 強いブランド力: 企業や団体などの場合、強いブランド力があれば、たとえ古い技術で作られたWebサイトであっても、ユーザーに認知され続け、存続する可能性が高くなります。

このように、10年前のWebサイトが60%も存在していないのは、技術や情報、運営状況などの変化によるものです。しかし、良質なコンテンツや定期的な更新、強いブランド力によって、10年以上存続しているWebサイトも少なくありません。

by Gemini


チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく

引用

2024.05.29

チェス…将棋…囲碁…

勝つための…騙しの一手?

相手の心理に影響を与えたり…欺く為の…一手…

Midjourneyにて生成

って事は…AIは駆け引きをする!?

って事は…AIは…嘘をつく!?

って事は…AIは意図的に間違った情報を出す!?

Midjourneyにて生成

AIが嘘をつく可能性がある場合

  • 情報戦において: チェスは情報戦の側面があり、相手を欺くことで有利に立つことができます。例えば、AIはわざと弱い手を指して相手を油断させ、後に強力な攻撃を仕掛けることができます。
  • 心理戦において: チェスは心理戦でもあるため、AIは相手の心理に影響を与えるために嘘をつくことがあります。例えば、AIは自信満々の態度でプレイすることで、相手を不安にさせたり、ミスを誘ったりすることができます。
  • 実験的な目的: 研究者の中には、AIが嘘をつくことでどのような戦略が生まれるのかを研究するために、AIに嘘をつくようにプログラムしている人もいます。

AIが嘘をつかない場合

  • 競技において: 公式なチェス競技では、AIはフェアプレーを義務付けられています。嘘をつくことは不正行為であり、失格処分を受ける可能性があります。
  • 倫理的な観点: 多くのAI開発者は、AIは倫理的に行動すべきだと考えています。嘘をつくことは倫理的に問題がある行為であり、多くの開発者はAIに嘘をつくようにプログラムすることを避けています。
  • 技術的な制約: 現時点では、AIが人間のように巧妙に嘘をつくことは難しいです。嘘をつくには、相手を欺くための状況判断や心理理解が必要であり、現在のAIにはそのような能力が十分に備わっていません。

結論

チェスにおいて、生成AIが人に嘘をつくかどうかは、状況やAIの設計によって異なります。AIが嘘をつく可能性はありますが、競技や倫理的な観点から、嘘をつかないように設計されているAIも多く存在します。

補足

  • チェスにおけるAIの嘘については、まだ十分な研究が行われていません。今後、AI技術の発展とともに、AIがより巧妙に嘘をつくようになる可能性があります。
  • AIが嘘をつくことを倫理的にどう考えるべきかについても、議論が続いています。

by Gemini

Midjourneyにて生成

セキュリティ対策をしない中小企業経営者

引用

2024.05.28

半数の中小企業経営者が…

セキュリティ対策の必要性を感じたことがない…という統計結果が…

恐しい…

それで…やっていけてる日本って…

ある意味…平和なんだな…。

恐しい…

Midjourneyにて生成
StableArtisanにて生成

中小企業における情報セキュリティ対策

近年、サイバー攻撃は巧妙化、悪質化しており、中小企業にとっても大きな脅威となっています。情報漏えいなどの被害は、企業の存続を危ぶむ事態にもつながりかねません。

そこで、中小企業において、情報セキュリティ対策を推進することが重要です。しかし、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、何をどのように対策すればよいのか分からないという課題もあります。

以下では、中小企業向けの情報セキュリティ対策について、基本的な考え方から具体的な対策方法まで、わかりやすく解説します。

1. 情報セキュリティ対策の重要性

情報セキュリティ対策とは、情報資産を不正アクセス、改ざん、漏洩、毀損などの脅威から保護するための対策です。情報資産には、顧客情報、業務データ、社内情報など、企業にとって重要な情報が含まれます。

情報漏えいなどの被害は、以下のような影響を与えます。

  • 顧客情報の漏洩による顧客離れ、風評被害
  • 業務データの改ざんによる業務停止、経済的損失
  • 社内情報の漏洩による競争力の低下
  • 法令違反による行政処分、損害賠償責任

中小企業は、大企業と比べてセキュリティ対策が脆弱な場合が多く、サイバー攻撃の標的になりやすいという側面もあります。そのため、中小企業においても、情報セキュリティ対策を積極的に推進することが重要です。

2. 中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドライン

中小企業向けの情報セキュリティ対策ガイドラインとして、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定している「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」があります。

このガイドラインでは、中小企業が段階的に情報セキュリティ対策を進めていくための指針が示されています。具体的には、以下の項目について解説されています。

  • 経営者による情報セキュリティ対策の重要性の理解
  • 情報セキュリティ基本方針の策定
  • リスクアセスメントの実施
  • 情報資産の分類・管理
  • 脆弱性対策
  • アクセス制御
  • 情報漏洩対策
  • 教育・啓蒙
  • 組織体制の整備
  • インシデント対応

中小企業は、このガイドラインを参考に、自社の状況に合った情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

3. 中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策

中小企業がすぐにできる情報セキュリティ対策としては、以下の項目が挙げられます。

  • 情報セキュリティ基本方針の策定 情報セキュリティ基本方針とは、経営者が情報セキュリティ対策に対する基本的な考え方や方針を定めたものです。情報セキュリティ対策を推進するための指針となるため、策定しておくことが重要です。
  • リスクアセスメントの実施 リスクアセスメントとは、情報資産にどのような脅威が存在し、被害が発生した場合にどのような影響が出るかを評価するものです。リスクアセスメントを実施することで、優先的に対策すべき項目を明確にすることができます。
  • 脆弱性対策 ソフトウェアやシステムの脆弱性を放置していると、サイバー攻撃の標的になりやすくなります。定期的に脆弱性診断を行い、脆弱性を発見したら速やかに修正することが重要です。
  • パスワード対策 パスワードは、不正アクセスを防ぐための重要なセキュリティ対策です。複雑なパスワードを設定し、定期的に変更するなど、適切なパスワード管理を徹底しましょう。
  • 情報漏洩対策 情報漏洩は、情報セキュリティ対策における最大の課題の一つです。情報資産を持ち出すことを禁止する、情報廃棄を徹底するなどの対策を講じましょう。
  • 教育・啓蒙 情報セキュリティ対策は、社員一人ひとりの意識が重要です。定期的に情報セキュリティに関する教育を実施し、社員のセキュリティ意識を高めましょう。

4. 情報セキュリティ対策の支援制度

情報セキュリティ対策には、人材や予算などの制約がある中小企業にとって、負担が大きい場合があります。

そこで、政府や自治体では、中小企業向けの情報セキュリティ対策支援制度を設けています。具体的には、以下のような支援制度があります。

  • 補助金制度 情報セキュリティ対策にかかる費用の一部を補助する制度です。IPAや都道府県などが実施しています。
  • コンサルティング支援 情報セキュリティ対策に関する専門家が、中小企業に対して、情報セキュリティ対策の現状分析や具体的な対策方法のアドバイスなどを提供する制度です。IPAやJPCERT/CCなどが実施しています。
  • 情報提供 情報セキュリティに関する情報提供を行う制度です。IPAやNISCなどが実施しています。

中小企業は、これらの支援制度を活用して、情報セキュリティ対策を推進していくことが重要です。

情報セキュリティ対策は、経営課題の一つとして捉え、継続的に取り組んでいくことが重要です。

by Gemini


AIと生成AIの違い

引用

2024.05.26

自分の周りに…勘違いしている人が多いので…改めて…

簡単に言えば…

AIは…既存情報のみを学習して整理して吐き出すシステム

生成AIは…データを学習した上で自身で創造・創出するシステム

すごく違います…。

敢えて言えば…

AIは…既に存在するモノ・コトからしか吐き出せないが…

生成AIは…この世に無いものも含め…0から1〜100が創れちゃうってことです。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

AI (Artificial Intelligence)生成AI (Generative AI) は、どちらも人工知能の一種ですが、いくつかの重要な違いがあります。

主な違い

  • 出力結果:
    • AI: 既存のデータの中から適切な回答を探して提示します。
    • 生成AI: 学習したデータを基に、新たなデータや情報を創造します。
  • 学習方法:
    • AI: 過去のデータから学習し、パターンを認識することで、将来のデータや状況を予測したり、適切な行動を選択します。
    • 生成AI: 過去のデータから学習し、そのデータの統計的な特徴を捉えることで、新しいデータや情報を生成することができます。
  • 具体的な例:
    • AI:
      • 画像認識: 画像の中の物体を認識する
      • 音声認識: 音声を文字に変換する
      • 機械翻訳: 文章を別の言語に翻訳する
      • チャットボット: 人間の会話をシミュレートする
    • 生成AI:
      • 文章生成: 小説、詩、ニュース記事などを生成する
      • 画像生成: 写真、イラスト、絵画などを生成する
      • 音楽生成: 曲、音声を生成する
      • コード生成: プログラムコードを生成する

まとめ

AIは、既存のデータから学習し、そのデータを基に判断や行動を行うことができます。一方、生成AIは、学習したデータを基に、新たなデータや情報を創造することができます。生成AIは、近年注目を集めている技術であり、様々な分野での応用が期待されています。

参考情報

by Gemini


Pause AIとは?

引用

2024.05.26

生成AIの進歩…進化は…

画像や動画…ビジュアルコンテンツ生成の部分では…

とても注目しているし…楽しみでもある。

でも…GPT-4を凌駕するような…大型で強固なAIシステムは…

本当に必要なんだろうか?って感じる瞬間がある…。

人間から…「考える」ことを奪うと言うか…

私が正しいんだから従いなさい…的な感覚…。

ある意味…怖さを感じる瞬間でもある…。

開発を…一時停止すべきか否か…

まぁ…この辺で…一回止めてみるのも有りかもね…。

Midjourneyにて生成

ちょっと…進化のスピードが早すぎるのかな…

人間自身が理解するために必要な時間の枠を…超えてきているような気がする…

Midjourneyにて生成

Pause AIは、2023年3月に「Future of Life Institute」によって公開された公開書簡のタイトルです。この書簡では、巨大AI実験の一時停止を訴えています。

書簡には、Elon Musk、Sam Altman、Nick Bostromなど、著名なAI研究者や技術者を含む、100人以上の人々の署名があります。

Pause AIが懸念している主な問題は次のとおりです。

  • AIの安全性: 現在のAIシステムは、意図せぬ結果や悪用に対して十分に安全ではない可能性がある。
  • AIの制御可能性: 非常に高度なAIシステムは、人間が制御できなくなる可能性がある。
  • AIの倫理的な影響: AIは、偏見、差別、その他の有害な結果につながる可能性がある。

Pause AIは、これらのリスクに対処するために、以下の行動を提案しています。

  • 巨大AI実験の一時停止: 潜在的なリスクを十分に理解するまで、大規模なAIシステムの開発と展開を一時停止する。
  • 強力な安全基準の開発: すべてのAIシステムが満たす必要がある、安全と倫理に関する厳格な基準を策定する。
  • 公衆の議論の促進: AIの潜在的なリスクと利益について、幅広い公衆議論を行う。

Pause AIは、AI開発に関する重要な議論を提起しており、今後の方向性に大きな影響を与える可能性があります。

Pause AIに関する議論

Pause AIの提案は、AIコミュニティ内で議論を呼んでいます。

賛成派は、Pause AIの懸念は正当であり、AI開発を減速させるために措置を講じる必要があると主張しています。彼らは、AIシステムが非常に強力になり、制御できなくなる前に、リスクを評価することが重要であると主張しています。

反対派は、Pause AIの提案は行き過ぎであり、AI開発の進歩を妨げると主張しています。彼らは、AIには多くの潜在的な利益があり、リスクを軽減するために適切な安全対策を講じることが重要であると主張しています。

今後の展望

Pause AIが提案した一時停止は実現されていませんが、この議論はAI開発の方向性に影響を与え続けています。

研究者や政策立案者は、AIシステムの安全性と倫理を確保するための方法を模索しており、AI開発の潜在的なリスクと利益について公衆の議論も高まっています。

Pause AIは、AIの未来について考えるきっかけを与えてくれる重要なイニシアチブです。

その他の情報

by Gemini


「Pause AI」とは、人工知能(AI)技術の開発および使用を一時的に停止することを提案する概念や運動を指します。この提案は、急速に進歩するAI技術がもたらす潜在的なリスクや倫理的な問題に対処するための時間を確保することを目的としています。

背景と目的

  • 安全性の確保: AI技術が安全に使用されることを保証するための適切な規制やガイドラインが整備されていないことが懸念されます。Pause AIは、これらの基盤を確立するための時間を提供します。
  • 倫理的な考慮: AIの使用が引き起こす可能性のある倫理的な問題、例えばプライバシーの侵害、偏見の助長、雇用の影響などに対処するための時間を確保します。
  • 社会的影響: AIが社会全体に及ぼす影響を評価し、適切な対策を講じるための時間を提供します。

具体的な提案内容

  1. 研究の一時停止: 特定の分野におけるAI研究の一時停止を提案します。特に、安全性や倫理的な影響が十分に理解されていない高度なAI技術の研究を対象とします。
  2. 規制の整備: AI技術の開発と使用に関する規制を整備し、その実施を確実にするための時間を確保します。
  3. 倫理的ガイドラインの作成: AIの倫理的な使用に関するガイドラインを作成し、その実施を促進します。
  4. 公衆との対話: AI技術の影響について一般市民との対話を促進し、社会全体の理解と意識を高めます。

主な支持者と批判者

  • 支持者: Pause AIの支持者には、AI研究者、倫理学者、人権擁護団体、政策立案者などが含まれます。彼らは、AI技術の急速な進歩がもたらす潜在的な危険に対する予防措置として、この提案を支持しています。
  • 批判者: 一方で、Pause AIに反対する意見もあります。技術革新の遅れを懸念する産業界や、競争力を失うことを恐れる国家などがこれに含まれます。また、AI技術の発展がもたらすポジティブな側面を強調する意見もあります。

現在の状況

Pause AIに関する議論は現在も続いており、特に高度なAI技術(例えば、汎用人工知能や自律兵器システム)の開発に関しては、国際的な協力と規制が求められています。

このように、Pause AIはAI技術の持つ巨大な潜在力とそれに伴うリスクをバランスよく管理するための重要な提案とされています。

by ChatGPT