営業日報の価値と意味

2024.07.05

営業日報が惰性?作業?毎日変わらない?…になっていません?

忙しいのに…面倒だな?と思って書いていません?

上長のレスポンスに問題があるケースの方が多いようですが…

何の為の日報なのか…ちゃんと定義されていない中小企業が多いようです。

ただ…書いたから…帰ろっ!的な…

毎日…書く必要って???

Googleカレンダー?を見れば分かるんじゃ?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

営業日報が惰性になってしまう原因はいくつか考えられますが、主に以下の点が挙げられます。

1. 報告内容が形式的になっている

単に数字やテンプレートを丸写ししたような報告書では、作成者にとっても、見る人にとっても、学びや気づきが得られません。具体的な活動内容や成果、そこから得られた示唆などを盛り込むことで、報告書作成自体が学びの機会となります。

2. 報告の目的が明確でない

「上司に怒られないように」「とりあえず提出できればいい」といったように、形式的な提出だけを意識した報告書では、作成者のモチベーションも下がってしまいます。報告書を作成することで、何を達成したいのか、どのような情報を共有したいのかを明確にすることが重要です。

3. 報告の頻度やタイミングが適切でない

毎日書く必要のない内容を毎日書いていたり、逆に重要なタイミングで報告を怠っていたりしては、せっかくの報告書が意味を成しません。報告の目的や内容に応じて、適切な頻度とタイミングで作成することが重要です。

4. 報告の書き方が悪い

読みづらい文章や、誤字脱字が多い報告書では、せっかく良い内容を書いていても台無しです。簡潔で分かりやすい文章を心がけ、誤字脱字がないかを入念にチェックしましょう。

5. 報告に対するフィードバックがない

せっかく報告書を作成しても、上司や先輩から何もフィードバックがなければ、改善点を見つけることができず、モチベーションも下がってしまいます。報告書に対して、良い点と改善点を含めたフィードバックをもらうようにしましょう。

営業日報が惰性にならないようにするには、上記のような原因を踏まえ、以下のような対策を講じることが重要です。

1. 報告内容を具体的にする

単に数字や結果だけでなく、具体的な活動内容やその背景、成果をどのように達成したのかなどを詳細に記述しましょう。また、数字だけでなく、定性的な情報も盛り込むことで、より説得力のある報告書になります。

2. 報告の目的を明確にする

報告書を作成することで、何を達成したいのか、どのような情報を共有したいのかを明確にしましょう。目標達成のための進捗状況を報告するのか、問題点を共有して改善策を検討するのか、それとも社内の事例として共有するのかによって、報告書の書き方や内容が変わってきます。

3. 報告の頻度やタイミングを適切にする

報告書の目的や内容に応じて、適切な頻度とタイミングで作成しましょう。例えば、日々の活動内容を詳細に記録する必要がある場合は、毎日報告書を作成する必要がありますが、週次や月次の進捗状況を報告する場合は、そこまで頻繁に作成する必要はありません。

4. 報告書の書き方を工夫する

簡潔で分かりやすい文章を心がけ、誤字脱字がないかを入念にチェックしましょう。また、表やグラフなどを活用して、視覚的に分かりやすい報告書にすると良いでしょう。

5. 報告に対するフィードバックをもらう

上司や先輩から、良い点と改善点を含めたフィードバックをもらうようにしましょう。フィードバックをもらうことで、自分の報告書の弱点を把握し、次回の報告書に活かすことができます。

上記以外にも、以下のような工夫も有効です。

  • 目標を共有し、進捗状況を報告する
  • 課題や問題点を共有し、解決策を検討する
  • 成功事例を共有し、ナレッジを共有する
  • 他の社員と報告書を共有し、相互に学び合う

営業日報は、単に過去の活動を記録するだけでなく、**「未来の行動を改善するためのツールと捉えることが重要です。

上記のような対策を講じることで、営業日報をより効果的なツールとして活用し、自身の営業活動の質を向上させることができます。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力
解り辛い…Japanese made system