欧米ではほとんど知られていないLINE

2024.07.04

日本人にだけ…どうしてこんなに人気があるの?

欧米では…ほぼ使われていないし…

設定がわかりずらい…機能が多すぎて使いづらい…

色々…面倒臭いし…振り回される感じが…群れる感じが…

LINE有きな感じ…が凄く苦手です…。

(なので…仕事に限定して使っています…。)

自転車を停めて…必死でLINEをいじっているお母さん?をよく見かけるけど…

そんなところでやってたら…危ないっすよ!

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

LINEトラブル、近年増加傾向に。背景と種類、対策方法を詳しく解説

LINEは、日本国内で圧倒的なシェアを誇るコミュニケーションアプリです。友人や家族との連絡手段としてだけでなく、ビジネスや情報収集など様々な用途で利用されています。しかし、その便利さの反面、近年はLINEを介したトラブルも増加傾向にあります。

LINEトラブルの背景

LINEトラブル増加の背景には、主に以下の3点が挙げられます。

  1. 利用者の増加と利用時間の長期化: スマートフォンの普及とあいまって、LINEの利用者数は年々増加しています。特に、若い世代の間では利用率が高く、小学生でも利用しているケースも少なくありません。また、利用時間が長時間にわたることも問題となっており、就寝時間ギリギリまでやり取りを続けるなど、生活習慣の乱れを招くケースも増えています。
  2. 匿名性の高さ: LINEは、電話番号以外のIDで登録できるため、ある程度の匿名性を保つことができます。そのため、誹謗中傷や悪口などの書き込みが、対面でのコミュニケーションよりも容易に行われてしまうという問題があります。また、グループ機能を使って大人数でのやり取りが行われることも多いため、特定の個人を標的とした嫌がらせやいじめも起こりやすくなっています。
  3. 情報の拡散速度の速さ: LINEは、メッセージや画像、動画などを簡単に共有することができます。そのため、一度拡散されてしまった情報は、瞬く間に多くの人々に知れ渡ってしまいます。特に、誤情報やデマが拡散されてしまうと、大きな混乱を招きかねません。

代表的なLINEトラブルの種類

LINEでよく起こるトラブルには、以下のようなものがあります。

  • ネットいじめ: 悪口や暴言、画像や動画の拡散など、ネット上で行われるいじめ全般を指します。LINEは、匿名性の高いコミュニケーションツールであるため、ネットいじめの温床となりやすいと言われています。
  • 画像・動画の無断転載: 本人の許可を得ずに、SNSなどに画像や動画を投稿する行為です。特に、裸画像や性的な内容の画像・動画の拡散は、被害者に深刻な精神的被害を与える可能性があります。
  • 金銭トラブル: 友人や知人に金銭を貸し借りして、返済が滞るケースや、架空の投資話やオレオレ詐欺などの詐欺被害も発生しています。
  • アカウント乗っ取り: 不正アクセスによって、他人のアカウントを乗っ取ってしまう行為です。乗っ取られたアカウントを使って、スパムメッセージの送信や個人情報の窃取などが行われる可能性があります。
  • 情報漏洩: 企業や自治体などが管理するLINE公式アカウントにおいて、情報漏洩が発生するケースがあります。漏洩した情報が悪用されると、二次被害につながる可能性があります。

LINEトラブルの対策方法

LINEトラブルを未然に防ぐためには、以下の点に注意することが大切です。

  • 個人情報を公開しない: プロフィール画像やステータスなどに、住所や電話番号などの個人情報を公開しないようにしましょう。
  • 知らない人と友達にならない: 実際に会ったことのない人や、顔見知りの人からであっても、いきなり友達申請してきた人には注意が必要です。
  • 怪しいメッセージには返信しない: 金銭の要求や、個人情報の提供を要求するような怪しいメッセージには、絶対に返信しないようにしましょう。
  • 利用時間を制限する: スマホの利用時間制限機能などを活用して、LINEの利用時間を制限しましょう。
  • 周囲に相談する: トラブルに巻き込まれてしまった場合は、一人で悩まずに、家族や友人、学校や相談窓口などに相談しましょう。

また、LINE側でも様々な対策を講じています。

  • 不正ログイン検知機能: 不正ログインを検知して、ユーザーに通知する機能
  • トークの閲覧制限機能: 特定の相手からのトークを閲覧できないように設定する機能
  • 年齢認証機能: 18歳未満の利用者を保護するために、年齢認証機能を導入
  • 通報機能: 不適切なコンテンツやアカウントを簡単に通報できる機能

これらの機能を有効活用することで、より安全にLINEを利用することができます。

LINEは、便利なコミュニケーションツールであると同時に、トラブルのリスクも伴います。利用者一人ひとりが、上記の対策を意識し、安全に利用していくことが重要です。

その他、参考になる情報として、以下のリソースがあります。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力
解り辛い…Japanese made system