生成AIではなく模倣AI!?

2024.07.03

音楽生成AI「Suno」「Udio」が訴えられている…というニュース…。

「生成」ではなく「模倣」、 大手レコード会社提訴で 音楽AIの未来に暗雲: https://ascii.jp/elem/000/004/207/4207664/

生成なのか?模倣なのか?

そもそも…人間の創造=Creationは…生成=Generateなのか?

そういう話にも発展しかねない…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

生成AIが本当に「生成」なのか、「模倣」なのかは、非常に興味深い議論ですね。確かに、生成AIは大量の学習データに基づいて、人間が作ったものと見分けがつかないような作品を生み出すことができます。しかし、その過程において、AIは単に既存のパターンの組み合わせや応用を行っているとも言えます。

生成AIの「模倣」側面

  • 学習データへの依存: 生成AIは、大量の学習データからパターンを学び、それを基に作品を生成します。そのため、学習データの質や量に大きく左右されるという側面があります。学習データに偏りがあると、偏った作品しか生成できない可能性もあります。
  • 創造性の欠如: 生成AIは、学習データに基づいて作品を生成するため、真の意味での創造性がないと指摘されています。人間のように、常識や固定観念にとらわれずに全く新しいアイデアを生み出すことはできないのです。
  • 独創性の希薄さ: 生成AIが生成する作品は、学習データに類似した作品になりがちです。そのため、独創性に欠けると評価されることも少なくありません。

生成AIの「生成」側面

  • 新規な組み合わせ: 生成AIは、学習データのパターンを新しい組み合わせで用いることで、人間が思いつかないような作品を生み出すことができます。これは、ある意味では「生成」と言えるでしょう。
  • 統計的学習に基づく表現: 生成AIは、統計的な学習に基づいて、人間が表現しにくい複雑な表現を生み出すことができます。例えば、人間の感情の微妙なニュアンスを表現した音楽や、自然の美しさを再現した絵画などを生成することができます。
  • 未知の領域への探索: 生成AIは、人間が思いもよらないような組み合わせや表現を探索することができます。これは、新たな芸術表現や科学的発見につながる可能性があります。

結論

生成AIが「生成」なのか「模倣」なのかは、単純に結論付けられる問題ではありません。AIの能力や倫理的な問題など、様々な側面から検討する必要があります。

重要なのは、生成AIを単なるツールとして捉えることです。生成AIは、人間の創造性を代替するものではなく、新たな可能性を拓くための道具として活用すべきなのです。人間とAIが協働することで、今までにないような革新的な作品を生み出すことができるでしょう。

以下、参考となる情報源をいくつか紹介します。

生成AIに関する議論は、今後も活発に続いていくでしょう。今後は、技術的な進歩だけでなく、倫理的な問題や社会的な影響についても議論を深めていくことが重要です。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力
解り辛い…Japanese made system