セルフレジの縮小と廃止が進む

2024.06.18

私自身も…セルフレジに…馴染めない側の一人である。

通常使いの店舗であれば…慣れてしまえばとても便利なのだが…

初めての店舗の場合…

仕様や形状が違ったり…凄く小型だったり…使えない決済があったり…

戸惑うことが多い…。

結局…全てが?…ハイブリッド?になっていくんだな…。

CopilotDesignerにて生成
CopilotDesignerにて生成

セルフレジの導入が拡大していた近年ですが、最近では縮小や廃止の動きも目立っていますね。これは世界的な傾向で、アメリカを中心に様々な企業でセルフレジの撤去が進んでいます。

主な理由

  • 万引きの増加: セルフレジは有人レジに比べて万引きがしやすいという問題があります。実際、ダラーゼネラルのような大手チェーンでは、セルフレジ導入後に万引による損失が大幅に増加し、これが大きな痛手となりました。
  • 顧客満足度の低下: セルフレジは操作に慣れない顧客にとってはストレスになる場合があり、特に高齢者や障がい者にとっては利用が困難なケースも少なくありません。また、セルフレジの普及によって店員とのコミュニケーション機会が減少し、顧客満足度が低下しているという声もあります。
  • 人手不足の解消: セルフレジは人件費削減効果があると考えられていましたが、導入や運用にはコストがかかり、必ずしも人手不足の解消に繋がるわけではありません。むしろ、セルフレジの監視やトラブル対応に人員が必要となるケースもあり、人手不足が深刻化する場合は逆効果となる可能性もあります。
  • 技術的な課題: セルフレジは技術的に未成熟な部分もあり、誤認識や故障などのトラブルが発生しやすいという問題があります。特に、生鮮食品や重量物の会計においては、精度が低く、ストレスを感じる顧客も多いようです。

今後の展望

セルフレジは今後も進化していく可能性がありますが、現状では万能なツールではなく、導入にはメリットとデメリットを慎重に判断する必要があります。今後、AIやセンサー技術の進歩によって、万引き対策や顧客満足度の向上などが実現できれば、セルフレジの利用が拡大していく可能性もあるでしょう。

しかし、有人レジとセルフレジを状況に合わせて使い分けるなど、ハイブリッド型のレジ運用が主流になっていくと考えられます。

セルフレジの縮小・廃止は、小売業界にとって大きな転換点となる可能性があります。今後は、顧客満足度と店舗運営の効率性を両立できるレジ運用を目指していく必要があるでしょう。

参考情報

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力