魚が群れをなす理由はビジネスに似ている

2024.06.16

組織とは?チームとは?を考える時に思う…

自然の摂理から…学ぶ事…

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

魚が群れをなす理由は、確かにビジネスにも通じる点が多いですね。以下、いくつかの例を挙げてみましょう。

1. 捕食者から身を守る

小魚が大きな群れを作ることで、全体として大きく見せて捕食者の攻撃を避けることができます。これは、企業が業界団体などに加盟することで、自社の規模を大きく見せかけ、競合企業から身を守ったり、有利な取引条件を獲得したりする戦略に似ています。

2. 餌を見つける

魚は、群れにいることで、仲間が餌を見つけた場所を素早く知ることができます。これは、企業が情報共有ネットワークを構築することで、市場の動向や顧客のニーズを素早く把握し、競争優位に立つことができる点に似ています。

3. 移動距離を短縮する

先頭の魚が作る水流に乗って泳ぐことで、魚の群れは体力を節約することができます。これは、企業がサプライチェーンを効率化することで、物流コストを削減し、利益を向上させることができる点に似ています。

4. 繁殖率を高める

オスとメスの魚が群れをなすことで、互いに見つけやすくなり、繁殖率を高めることができます。これは、企業が顧客とのエンゲージメントを高めることで、顧客満足度を向上させ、リピーターを増やすことができる点に似ています。

このように、魚が群れをなす理由は、捕食者から身を守る、餌を見つける、移動距離を短縮する、繁殖率を高めるなど、ビジネスにおいても有効な戦略と共通する点が多くあります。

魚たちの行動を参考に、自社のビジネスをどのように改善していくことができるか、考えてみるのも面白いでしょう。

参考情報

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力