急増しているQRコード詐欺

2024.06.11

キャッシュレス決済で…すっかり主流になったQRコード決済…

ユーザーにとってはシンプルな構造で分かりやすくはあるが…

例えば…印刷表示の場合…

既存のQRコードの上に…偽のQRコードを貼るだけで…

詐欺サイトへ誘導出来てしまう…。

QRコードは…サイトで簡単に生成できる訳で…

偽のダイレクトメールも数百円で印刷できちゃう時代…

なぜ?それを簡単に信じちゃうのか?

公的機関が発行したもの?と勘違いしている人も…チラホラ?

キャッシュレス化を急いだ…誰かの責任なんじゃ?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

QRコード詐欺が急増しています。2023年以降、世界各地で被害が報告されており、巧妙な手口で多くの人がだまされています。

代表的な手口としては、以下のようなものがあります。

  • 偽のQRコードを貼付: 正規のQRコードの上に偽のQRコードを貼る。
  • フィッシングメールに添付: フィッシングメールに偽のQRコードを添付し、誘導する。
  • 偽のダイレクトメールや広告に掲載: 偽のダイレクトメールや広告にQRコードを掲載し、誘導する。
  • 正規のQRコードのリンクを書き換える: 正規のQRコードのリンク先を偽サイトに書き換える。

QRコード詐欺の被害は、金銭的な損失だけでなく、個人情報の漏洩やマルウェア感染などにもつながる可能性があります。

QRコードを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • QRコードの発行元を確認する: 信頼できない発行元のQRコードは読み取らない。
  • QRコードを直接読み取る: QRコードをスクリーンショットなどで保存して読み取るのではなく、カメラアプリで直接読み取る。
  • URLを確認する: QRコードを読み取った後に表示されるURLが正規のものかどうか確認する。
  • 個人情報は入力しない: QRコードを読み取った後に表示される画面で、個人情報を入力するよう求められた場合は、入力しない。
  • セキュリティソフトを導入する: セキュリティソフトを導入し、最新の状態に更新しておく。

QRコードは便利ですが、悪用されるリスクも存在します。十分に注意して利用しましょう。

参考情報:

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力