一休み…ひと休み…。

2024.06.06

ここ最近…若干停滞気味の生成AI…。

刺激的な?ニュースが少なくなっている…。

まぁ…利益重視の開発競争が激しすぎて…

今までの進化が早すぎた訳で…

客観的に相対的に見直す時期なのかな…。

Pause AI

一休み…ひと休み…。

Midjourneyにて生成

最近、確かに生成AIの開発スピードが鈍化しているという指摘があります。その理由はいくつか考えられますが、主なものとして以下の点が挙げられます。

1. データ集の枯渇

生成AIの学習には膨大な量のデータが必要です。しかし、質の高いデータは限られており、集められるデータ量が増えにくくなっていると言われています。

2. 評価指標の課題

生成AIの性能を評価する指標は確立されておらず、開発の進捗を客観的に判断することが難しいという問題があります。

3. 計算量の壁

生成AIの学習には膨大な計算量が必要であり、処理能力の限界が開発のボトルネックとなっている可能性があります。

4. 安全性の問題

生成AIは、倫理的に問題のあるコンテンツを生成したり、誤った情報を拡散したりする可能性があります。そのため、安全性の確保が課題となっています。

5. 研究開発への投資の減少

近年、生成AIに対する研究開発への投資が減少しているという指摘もあります。

これらの課題に加え、生成AIの開発はそもそも複雑で難易度の高いものであるため、以前のような目覚ましい進歩が期待しにくくなっているという側面もあるでしょう。

しかし、これらの課題は解決不可能なものではなく、今後技術革新が進めば克服されていく可能性もあります。今後は、データ収集の効率化、評価指標の開発、計算能力の向上、安全性の確保、研究開発への投資拡大などが重要になると考えられます。

生成AIの開発スピードが鈍化していることは事実ですが、決して停滞しているわけではありません。今後は、克服すべき課題に取り組みながら、より高度で実用的な生成AIの開発が期待されます。

以下、生成AIの開発スピードの鈍化に関する情報源をいくつか紹介します。

これらの情報源は、生成AIの開発スピードの鈍化に関する現状と課題について理解を深めるのに役立つでしょう。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力