電柱が消えていく…

2024.06.02

路面に溝を掘って埋設できる通信ケーブルが開発された…。

電柱=NTT柱が無くなる…。

東電柱もどんどん地下へ移行している現状…

街の景観が変わっていきますね…。

どんどん…無機質になっていく?

見上げると…電線だらけの昭和の空も…

エネルギーに満ちてる感じがして…好きでしたけどね…。

CopilotDesignerにて生成
Midjourneyにて生成

NTTが開発した路面溝敷設型光ファイバーケーブル

NTTは、2024年5月29日に、通信ケーブルを通す地下パイプや電柱を介さずに、路面の溝に敷設可能な光ファイバーケーブルを開発したと発表しました。

このケーブルは、路面上でも容易にケーブル同士を接続できるコネクターを用いることで、大規模な掘削や建柱工事をせずに光ファイバー網を構築できる点が特徴です。

主な特徴

  • 容易な敷設: 路面溝に敷設できるので、電柱の設置や地下道の掘削が不要となり、工事期間の大幅な短縮とコスト削減が可能です。
  • 景観への配慮: 電柱や空中ケーブルがないため、景観を損なうことなく光ファイバー網を構築することができます。
  • 災害復旧への貢献: 地震などの災害で電柱が倒壊しても、路面埋設型であるため通信インフラの被害を最小限に抑えることができます。
  • 5G通信への対応: 高速・大容量の通信に対応した光ファイバーケーブルなので、5G通信サービスの提供にも適しています。

種類と用途

このケーブルは、40本の光ファイバーを1本のケーブルにまとめた40心と、同じく24本の24心を用意しています。用途としては、以下のなどが想定されています。

  • 街路灯などに設置した5G用アンテナへの光ファイバーケーブルの敷設
  • 光ファイバー網の空白エリアの解消
  • 既存の光ファイバー網の増強
  • 仮設光ファイバー網の構築

今後の展開

NTTは、今後このケーブルを全国の光ファイバー網整備に活用していく予定です。また、将来的には、さらに小型・軽量なケーブルの開発や、自動敷設技術の開発なども検討していくとしています。

この路面溝敷設型光ファイバーケーブルは、光ファイバー網の整備を加速化し、日本の情報通信インフラの高度化に貢献することが期待されています。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力