10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない

2024.05.29

10年前のWebサイトの38%がアクセス不能との記事…

https://www.pewresearch.org/data-labs/2024/05/17/when-online-content-disappears/

ページとシステムの更新を…まめにしていかないと…って事ですね…。

個人的には…3年とか…更新が無かったら…

自動的に削除…みたいな仕組みがあっても良いって思うんです…。

でないと…現在に合っていない古い情報に踊らされたり…

データが膨大になり過ぎて…探しきれなくなっちゃうし…

生成AIも困る?と思うんですよね…。

ハード機器の費用がいくらあっても足りなくなっちゃうし…。

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

確かに、調査によると10年前のWebサイトのうち、現在アクセス可能なものは60%程度にとどまると言われています。これは、様々な要因が複合的に影響していると考えられます。

主な要因として以下の点が挙げられます:

  • 技術の進歩: Web技術は目覚ましい速度で進化しており、10年前の技術で作られたWebサイトは、現在のブラウザやデバイスで正しく表示されない可能性があります。
  • 情報の陳腐化: 10年も経てば、Webサイトに掲載されている情報が古くなったり、必要なくなったりしている可能性があります。
  • サイト運営の停止: 企業や個人の事情により、Webサイトの運営が停止されるケースがあります。
  • ドメインの消失: ドメインの有効期限切れや、移転手続きの不備などにより、Webサイトがアクセスできなくなることがあります。

一方、40%のWebサイトが10年経っても存在しているのは、以下のような理由が考えられます。

  • 良質なコンテンツ: 有益で価値のあるコンテンツは、時間経過に関わらずユーザーに求められ続けるため、Webサイトが存続する可能性が高くなります。
  • 定期的な更新: Webサイトを定期的に更新することで、検索エンジンからの評価が高くなり、ユーザーの訪問も増えるため、存続する可能性が高くなります。
  • 強いブランド力: 企業や団体などの場合、強いブランド力があれば、たとえ古い技術で作られたWebサイトであっても、ユーザーに認知され続け、存続する可能性が高くなります。

このように、10年前のWebサイトが60%も存在していないのは、技術や情報、運営状況などの変化によるものです。しかし、良質なコンテンツや定期的な更新、強いブランド力によって、10年以上存続しているWebサイトも少なくありません。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力