人件費が安い…我が国「日本」

2024.05.25

いつからか…先進国ではなくなった?日本…。

先進国だと思っているのは日本人だけ…

アジアを見渡しても…経済成長の低さが際立っている…。

そんな我が国に…工場回帰の波が来ている…。

人手不足の渦中ではあるが…

いつかの日本のように…良い波をつかみ取れるのだろうか…

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

人件費の安い日本への工場回帰:期待と課題

近年、円安の影響もあり、人件費の安い日本への工場回帰が注目されています。確かに、製造業における人件費は、中国などのアジア諸国に比べて日本は高水準です。しかし、近年の人件費上昇や、新型コロナウイルス感染症によるサプライチェーンの混乱などを背景に、日本国内での生産のメリットが見直されています。

工場回帰のメリット

  • 人件費上昇の抑制: 中国をはじめとするアジア諸国の人件費は近年上昇しており、今後も上昇していくことが予想されています。一方、日本の人件費は横ばい傾向にあり、相対的に割安になっています。
  • サプライチェーンの安定化: 新型コロナウイルス感染症の影響で、サプライチェーンが混乱し、部品調達や製品輸送に支障が出ています。日本国内で生産することで、こうしたリスクを低減することができます。
  • 品質向上: 日本の製造業は、高い品質で知られています。日本国内で生産することで、品質管理を徹底しやすくなります。
  • 技術革新の促進: 日本の製造業は、技術革新に積極的なことで知られています。日本国内で生産することで、研究開発と製造を連携させ、新たな技術革新を促進することができます。

工場回帰の課題

  • 人手不足: 日本国内では、少子高齢化の影響で人手不足が深刻化しています。工場回帰を進めるためには、労働力確保が課題となります。
  • 設備投資: 日本国内の工場は、老朽化している場合が多く、設備投資が必要となります。
  • 規制: 日本の製造業は、様々な規制が存在します。これらの規制が、工場回帰の障壁となる可能性があります。

今後の展望

近年の人件費上昇やサプライチェーンの混乱などを背景に、人件費の安い日本への工場回帰は加速していくと予想されます。しかし、人手不足、設備投資、規制などの課題も存在します。これらの課題を克服していくことが、工場回帰成功の鍵となります。

政府は、人材育成や規制緩和など、工場回帰を支援する政策を打ち出しています。また、企業も、自動化やロボット化などの技術革新を進めることで、人手不足やコスト削減を図っています。

今後は、政府と企業が連携して、人件費の安い日本の強みを活かし、製造業の競争力強化を進めていくことが重要となります。

参考情報

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?