AI包括規制法がEUで成立-世界基準になる!?

2024.05.22

EUで…AI包括規制法が成立したというニュースが…

人間中心の…人間を守る為の法律との事…。

罰金は…違反の種類に応じて€7500000〜€35000000…

12億円〜60億円???

https://jp.reuters.com/economy/industry/F7WD6NJM75ILLPOHOOGZ7HSCH4-2024-05-21

どんだけ…AIが怖いんだ…って思うのは私だけ?

AIが悪いんじゃなくて…それをコントロールする側の人間の問題…

いやっ…コントロールできなくなる…前にってこと?

Stable Artisanにて生成
Midjourneyにて生成

EU、世界初のAI包括規制法が成立

2024年5月21日, 欧州連合(EU)は、**AI(人工知能)**の開発・利用に関する包括的な規制法案を承認し、世界で初めてとなるAI規制法が成立しました。この法律は、EU域内で活動する企業を対象とし、違反した場合には最大3500万ユーロ(約60億円)か年間売上高の7%の制裁金が科されます。

規制の内容

この法律では、AIシステムを4つのリスクカテゴリーに分類し、それぞれのリスクレベルに応じて規制の厳格さを変えています。

  • 高リスク:社会信用スコアや顔認識システムなど、人権や安全に重大なリスクをもたらす可能性が高いAIシステム。原則として使用禁止
  • 高度なリスク: 医療診断や自動運転など、人命や安全に重大な影響を与える可能性があるAIシステム。厳しいリスク評価と管理措置が必要
  • 限定リスク: チャットボットやスパムフィルターなど、一般的にリスクが低いとされるAIシステム。透明性確保などの義務
  • 最小リスク: 単純な計算機プログラムなど、リスクがほとんどないとされるAIシステム。規制対象外

施行時期

この法律は2026年から施行される予定です。今後2年間、EU加盟国は、この法律の詳細な規則を策定していきます。

影響

EUのAI規制法は、世界初の包括的なAI規制法として、国際的な影響を与えることが期待されています。今後、他の国や地域でも同様の規制が導入される可能性があります。

参考情報

by Gemini


New Posts:
解り辛い…Japanese made system
メンターになれない50代、60代
デジタル庁:テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)公開
展示会の役割の変化
セルフレジの縮小と廃止が進む
ガラケー人気とスマホ離れとミニマリズム
魚が群れをなす理由はビジネスに似ている
ビジネスにおける保身と自己犠牲
146カ国中118位の日本の男女格差
急増しているQRコード詐欺
広告が信じられない時代...広告より広報!
中小企業 事業再構築(補助金)展 開催
中国発生成AIの飛躍的な進化
ビジネスにおける信用と信頼の違い
一休み…ひと休み…。
電柱が消えていく...
10年前のWebサイトには60%しかアクセスできない
チェスで勝つためにAIは人に嘘をつく
セキュリティ対策をしない中小企業経営者
AIと生成AIの違い
Pause AIとは?
人件費が安い...我が国「日本」
AIの先にある量子コンピューティングシステム
画像生成AIを進化させた技術…03:⁠LCM(Latente Consistency Models⁠)
画像生成AIを進化させた技術…02:ControlNet
画像生成AIを進化させた技術...01:LoRA(Low-Rank Adaptation)
企業における生成AI研修の状況
生成AIで進化するOpenAIとGoogleのAIアシスタント
プルリバーサルデザインとは
生成AIを使いこなす人と使いこなせない人のビジネスにおける差
日本におけるソブリンAIとは
Google 動画生成AI「Veo」発表
生成AIが障害回避を行う理由
結果...現在使っている生成AIサービスって...
生成AIがネット広告を変える...
最近増えてきた画像生成エラー
画像生成AIの偏りと質の低下
高齢者市場とペット市場の親和性
コンテンツの南京錠?
ビジネスってそう言うもん?