企業における生成AI研修の状況

2024.05.21

JPモルガンで新入社員全員にAI研修導入…プロンプト作成スキル養成

とのニュースが流れた…

https://www.bloomberg.com/news/articles/2024-05-20/jpmorgan-s-erdoes-says-every-new-hire-will-get-training-for-ai

プロンプトの重要性が求められている…。

要は…必要なのは…言語力…国語力…。

適切な回答を導くために…

生成AI=プログラムの立場に立って…

わかりやすい文章を人間が書く…という事。

なんか…変な時代になってきた?

Midjourneyにて生成
ImageFXにて生成

近年、生成AI技術の目覚ましい進歩により、企業における活用も急速に拡大しています。しかし、生成AIは高度な技術であり、その効果的な活用には専門知識が必要となります。そこで、近年多くの企業で、社員向けに生成AI研修を実施する動きが活発化しています。

研修の目的と内容

生成AI研修の目的は、主に以下の2つが挙げられます。

  • 生成AIの基礎知識の習得: 生成AIとは何か、どのような種類があるか、どのようなことができるかなどを理解する
  • 業務への活用方法の検討: 自社の業務に生成AIをどのように活用できるか、具体的なアイデアを検討する

研修内容は、企業の規模や業種、導入状況によって様々ですが、一般的には以下のような内容が扱われます。

  • 生成AIの基礎知識: 生成AIの定義、種類、仕組み、歴史、最新動向など
  • 具体的な活用事例: マーケティング、商品開発、顧客サービス、業務自動化など、各業界における具体的な活用事例
  • 導入・運用ノウハウ: 生成AIの導入・運用における課題やポイント、倫理的な配慮事項など
  • ハンズオン演習: 実際に生成AIツールを使って、簡単なタスクを実行してみる

研修の効果

生成AI研修を実施することで、以下のような効果が期待できます。

  • 社員の生成AIリテラシーの向上: 生成AIについて正しく理解し、その可能性を認識することができる
  • 業務への活用アイデアの創出: 従来とは異なる新しいアイデアが生まれ、業務効率化やイノベーション創出に繋がる
  • 導入へのスムーズな移行: 導入前に課題やリスクを理解しておくことで、スムーズな導入が可能になる
  • 倫理的な問題への意識向上: 生成AIの利用における倫理的な問題について理解し、適切な利用を促進できる

研修の形態

生成AI研修の形態は、主に以下の3つがあります。

  • 対面研修: 講師を招いて、講義やワークショップを行う形式
  • eラーニング: オンライン教材を使って、個人のペースで学習する形式
  • オンデマンド研修: 講義を録画した動画を配信し、好きな時間に視聴できる形式

研修の選び方

企業が生成AI研修を選ぶ際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 研修の目的: どのような目的で研修を実施するのか
  • 研修の内容: どのような内容を学びたいのか
  • 研修の形態: どのような形態で研修を受けたいのか
  • 研修の費用: どのくらいの費用をかけられるのか
  • 研修の講師: 講師の経歴や実績

研修の実施例

以下、生成AI研修を実施している企業の例をいくつか挙げます。

今後の展望

今後は、より多くの企業で生成AI研修が実施されることが予想されます。また、研修内容も、より実践的な内容や、特定の業務に特化した内容へと進化していくと考えられます。

生成AIは、企業の競争力向上に大きく貢献できる技術です。研修を通じて社員の理解を深め、効果的に活用することで、様々なイノベーションを起こすことができるでしょう。

by Gemini


New Posts:
中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する
Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合...8月に対応
Sakana AI...浮世絵画像生成AIを発表
文化庁「AIと著作権」セミナー開催
Google クッキー廃止計画を打ち切り
ChromeOS Flexを活用しません?
5類移行後最大規模の感染拡大の可能性?新型コロナウイルス「KP.3」
Google Vidsを触ってみたが...
EU「AI法」2024年8月1日施行
生成AIの利用はクラウド経由だけでよくない!?
日本新聞協会が生成AIに関する声明を発表
コード生成特化型オープンソース言語モデル「Codestral Mamba」の可能性
ワンストップ動画生成〜制作プラットフォーム LTX Studio
酷評のStable Diffusion 3 Medium
中国発 動画生成AI「Kling(クリング)」
ミスAIが…発表されていました
AIのトレーニングデータを追跡!?...COPIED法
顔の静止画から豊かな表情を動画生成するAIツール...LivePortrait
イラストや画像の制作過程を動画として生成してくれるAIモデル...Paints-UNDO
AIで生成された記事や情報が蔓延しそう…Perplexity「Pages」
SNS有きのビジネスモデルの崩壊
経済産業省「コンテンツ制作のための生成AI利活用ガイドブック」公開
デジタル認証アプリをインストール
生成AIラボ...更新中
ヒューマンスキルこそが重要になる時代
Facebookのコミュニティ規定がよく分からない件
AI生成画像と著作権
AI利用時の脅威、リスク調査報告書
営業日報の価値と意味
FAXが消えていく...
欧米ではほとんど知られていないLINE
BYODからBYOAIへ
デジタル社会の実現に向けた重点計画
生成AIではなく模倣AI!?
60代に求められるビジネスニーズ
営業メッセージしか来ないSNS
現代社会へのアンチテーゼ
AIが決定する商品価格 ダイナミックプライシング
下請けと言う言葉が嫌いです。
察する力 vs 鈍感力