創造とは、著作権とは、なんだ?

2024.02.15

著作権侵害訴訟で、一先ずOpenAIが5/6勝したというニュース…

今後の展開に注目ですが…

そもそも…創造とは、著作権とは、なんだろう?

生成AIは…学習するデータが無いと成立しない?

1から100はつくれるけれど…0から1は創れない?

作家=人間はどうだろう…。

これだけ情報が氾濫した中で…

本当の意味での『0→1』は創造できているのだろうか???

生成AIをめぐる著作権侵害訴訟:最新情報と詳細な分析

2024年2月15日現在、生成AIをめぐる著作権侵害訴訟は世界中で活発化しており、米国中国日本を中心に多くの訴訟例が確認されています。

訴訟の主な争点は以下の4つです。

  1. 生成物の著作物性: 生成AIによって生成された作品は、著作権法上の著作物と認められるのか?
  2. 著作権の帰属: 生成物の著作権は誰に帰属するのか?
  3. 著作権侵害の成立: 生成AIによって生成された作品が、既存の著作物を侵害しているか?
  4. 利用許諾の必要性: 生成AIを利用して作品を生成する場合、著作権者の許諾が必要なのか?

各国の訴訟状況と注目すべき判決

米国

  • Getty Images訴訟: Getty ImagesがStable Diffusionなどの画像生成AIが著作権侵害であると主張。2023年11月、裁判所はメタ社の棄却申立を一部認容。
  • Authors Guild訴訟: 作家団体Authors GuildがGoogle AIのBardなどの生成AIが著作権侵害であると主張。2023年12月、訴訟開始。

中国

  • 騰訊訴訟: 騰訊公司がAI生成画像が著作権侵害であると主張。2023年11月、北京インターネット裁判所はAI生成画像の著作物性と著作権侵害を認める判決を下す。

日本

  • クリムゾン・ジャパン訴訟: クリムゾン・ジャパンがMidjourneyなどの画像生成AIが著作権侵害であると主張。2023年10月、訴訟開始。

注目すべき判決

  • 中国の騰訊訴訟: AI生成画像の著作物性と著作権侵害を認めた初の判決。
  • 日本のクリムゾン・ジャパン訴訟: 今後の判決が、日本の生成AIに関する著作権法解釈に大きな影響を与える可能性。

今後の展望

生成AI技術の発展に伴い、著作権侵害訴訟はさらに増加していくと考えられます。各国の裁判所の判断が、生成AIの利用に関するルール作りに大きな影響を与えるでしょう。

by Gemini


New Posts:
格差社会に宿る?横行する詐欺広告
コミュニケーションツールの世代ギャップ
生成AIのミスコン?開催
飲みニケーションは必要?
声の肖像権が認められる
中小企業の労働時間調査
企業の著作権に対する考え方
生成AIは職人の技術に取って代われるか
生成AIがもたらす第4次産業革命
日本も…他人事では無い…
生成AIが持つ懸念に対する内閣府と文化庁の考え方
AIに営業を教わる時代?
生成AIが自動車産業にもたらす可能性
コンテンツ制作系の生成AIの進化が止まらない
アメリカ依存のデジタル赤字
生成AIからクリエイターを守る...とは
生成AIで通常業務の6割を削減する
プロンプトだけでチャットや翻訳や画像生成サイトがつくれる
AIアップスケーラーについて
経営者が完全出社を求める理由
政府基幹システムをWindowsからLinuxへ
みなさん…どう思います?
自治体では全国初のAIチャットシステム
なぜ?企業は生成AIの導入に否定的なのか...
お財布を開かなくなった...
中小製造企業が導入可能な価格のCADの必要性
益々…広告価値が下がっていくな…
印税は誰に入るの?
画像生成のプロンプトに困った時に...
Chat+Shell+Browser+Editor+Planner=Devin
生成AIにおけるデザインとスクレイピングと権利
演技力が求められる動画生成AI
フェイクに悪用されないことを願うばかり
声だけでパソコンを遠隔で操る端末
生成AIのみでつくられるPVの今後
中国発の生成AI「訊飛星火」
生成AIの脆弱性
生成AIに対する経営側の意識の低さ
絵コンテに使えるかも?
生成AIが産業ロボットを別物に変える