動画生成AIの状況について 2024.02

2024.02.12

Google Researchから、動画生成AI「Lumiere」が発表された。

まだ…試す事はできないようだが…

なんでも…今までの動画生成AIとは一線を画す出来らしい…。

いじるのが楽しみである…。

2024年の動画生成AI:進化と課題

2024年現在、動画生成AIは進化を続けており、様々な分野で活用されています。以下は、2024年の動画生成AIの状況における主要なポイントです。

進化

  • 高品質な動画生成: 生成される動画の品質は飛躍的に向上し、実写と見分けがつかないレベルのものも登場しています。
  • 多様な生成方法: テキストから動画を生成するだけでなく、音声や画像から動画を生成する技術も発展しています。
  • リアルタイム生成: リアルタイムで動画生成できる技術も開発されており、ライブ配信やバーチャルリアリティなどの分野で活用されています。

課題

  • 倫理的な問題: 生成された動画が差別的、暴力的な内容を含む場合や、著作権を侵害する場合があり、倫理的な問題が指摘されています。
  • 悪用への懸念: ディープフェイクなどの悪意のある動画生成への懸念も高まっています。
  • コスト: 高品質な動画生成には高性能な計算機が必要であり、コストがかかるという課題があります。

主要な動画生成AIツール

  • Pika: テキストからアニメーション動画を生成できるツール
  • Mootion: テキストから実写風動画を生成できるツール
  • Domo AI: テキストから動画を生成し、自動で編集できるツール
  • Runway Gen2: テキストから動画を生成し、AIアバターを操作できるツール
  • Kaiber AI: テキストから動画を生成し、音声合成もできるツール
  • Stable Video: 画像から動画を生成できるツール
  • VideoPoet: テキストと画像から動画を生成できるツール

今後の展望

動画生成AIは今後も進化し続け、様々な分野で活用されることが予想されます。倫理的な問題や悪用への懸念などの課題はありますが、これらの課題を克服することで、動画生成AIは社会に大きく貢献できる可能性があります。

参考情報

  • 2024年の生成AIはどうなる? サイバーエージェントなどIT企業4社の“本音” 「OpenAI強すぎる問題」に活路はあるか(1/3 ページ) – ITmedia NEWS <無効な URL を削除しました>
  • 【2024年注目】期待の動画生成AIサービス 7選 – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=TJoN9-TtVVI
  • 【2024年最新】月100万円まで稼げる動画生成AI 全て公開します! – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=6rLPtMZuW4A

by Gemini


New Posts:
格差社会に宿る?横行する詐欺広告
コミュニケーションツールの世代ギャップ
生成AIのミスコン?開催
飲みニケーションは必要?
声の肖像権が認められる
中小企業の労働時間調査
企業の著作権に対する考え方
生成AIは職人の技術に取って代われるか
生成AIがもたらす第4次産業革命
日本も…他人事では無い…
生成AIが持つ懸念に対する内閣府と文化庁の考え方
AIに営業を教わる時代?
生成AIが自動車産業にもたらす可能性
コンテンツ制作系の生成AIの進化が止まらない
アメリカ依存のデジタル赤字
生成AIからクリエイターを守る...とは
生成AIで通常業務の6割を削減する
プロンプトだけでチャットや翻訳や画像生成サイトがつくれる
AIアップスケーラーについて
経営者が完全出社を求める理由
政府基幹システムをWindowsからLinuxへ
みなさん…どう思います?
自治体では全国初のAIチャットシステム
なぜ?企業は生成AIの導入に否定的なのか...
お財布を開かなくなった...
中小製造企業が導入可能な価格のCADの必要性
益々…広告価値が下がっていくな…
印税は誰に入るの?
画像生成のプロンプトに困った時に...
Chat+Shell+Browser+Editor+Planner=Devin
生成AIにおけるデザインとスクレイピングと権利
演技力が求められる動画生成AI
フェイクに悪用されないことを願うばかり
声だけでパソコンを遠隔で操る端末
生成AIのみでつくられるPVの今後
中国発の生成AI「訊飛星火」
生成AIの脆弱性
生成AIに対する経営側の意識の低さ
絵コンテに使えるかも?
生成AIが産業ロボットを別物に変える