中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを可視化する

引用

2024.07.24

一般社団法人日本サステナブルビジネス機構が運営する…

「サステナブルビジネス認証制度」が中堅・中小企業の武器になる!?

認定に10万円かかるみたいですが…

環境負荷軽減が…大きな社会課題になっている現在において…

企業指標の大きな要素になってくるかも知れませんね…。

金・銀・銅の3段階評価になるようです…。

10万円かぁ…

Midjourneyにて生成
Stable Assistantにて生成

サステナブルビジネス認証制度の概要

サステナブルビジネス認証制度とは、中堅・中小企業のSDGsへの取り組みを評価・認証するものです。企業のSDGs達成に向けた活動を可視化し、推進することを目的としています。

認証の3段階

認証は、持続可能な開発の25項目に基づいて、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階で評価されます。それぞれの段階で、目指すべき企業像が示されています。

認証取得のメリット

  • SDGsへの取り組みを客観的に証明:認証取得は、企業のSDGsへの取り組みを客観的に証明するものです。ステークホルダーからの信頼向上や、投資家・顧客からの評価アップにつながることが期待できます。
  • 社内での取り組みを活性化:認証取得に向けた取り組みは、社内のSDGsへの意識を高め、社員のモチベーション向上にもつながります。
  • 新たなビジネスチャンスの創出:SDGsへの取り組みは、新たなビジネスチャンスの創出にもつながります。認証取得は、そうした取り組みを後押しするものです。

認証取得の流れ

  1. 申請:JSBOのホームページから申請します。
  2. 書類審査:申請書類に基づいて審査が行われます。
  3. 現地審査:必要に応じて、現地審査が行われます。
  4. 認証決定:審査結果に基づき、認証の可否が決定されます。

費用

新規認証取得費用は10万円です。

最新情報

最新情報は、一般社団法人日本サステナブルビジネス機構のホームページにてご確認ください。

参考情報

by Gemini


Intelの第13・14世代Coreプロセッサー不具合…8月に対応

引用

2024.07.24

8月には…パッチが出るみたい…。

買い替えを検討していた人は…

一安心ですね…。

でも…ちょっと…対応がいまひとつですね…。

先日の…クラウドストライク絡みの障害で世の中が騒いでいる隙に…的な?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

Intel、第13・14世代Coreプロセッサーの不具合をようやく公式に認める

2024年7月22日、Intelは、第13世代および第14世代Coreプロセッサーの一部で発生していた不安定動作問題について、自社のマイクロコードに原因があったことを公式に認めました。

この問題は、主にデスクトップPCで報告されており、以下の症状が確認されていました。

  • ゲームやソフトウェアのクラッシュ
  • システムのフリーズ
  • 誤動作

Intelは、問題の根本的な原因を突き止めるために、返品されたCPUを分析しました。その結果、一部のCPUで動作電圧が不適切に高くなることが原因であることが判明しました。

Intelは、この問題を解決するために、8月中旬にマイクロコードアップデートをリリースする予定としています。

なお、Intelは当初、この問題はノートPCでは発生しないと主張していましたが、その後、ノートPCでも同様の不具合報告が多数寄せられています。

参考情報:

by Gemini


Sakana AI…浮世絵画像生成AIを発表

引用

2024.07.23

浮世絵と錦絵の画像生成AIが…日本発のSakana AIから発表された…。

https://sakana.ai/evo-ukiyoe

デモで生成を試みたんですが…

私のPCでは力不足みたいで…エラーになっちゃいまして…(涙)

試したかったなぁ…

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

概要

2024年7月21日、元Google研究者が設立したAIスタートアップ企業であるSakana AIは、「Evo-Ukiyoe」「Evo-Nishikie」の2つのAIモデルを公開しました。

  • Evo-Ukiyoe: テキストプロンプトに基づいて浮世絵風イラストを生成するAIモデル
  • Evo-Nishikie: 古典籍の挿絵をカラー化するAIモデル

特徴

  • これらのモデルは、進化アルゴリズム集合知能という自然界の原理に基づいて開発されています。
  • Sakana AIは、従来のAIモデルとは異なり、少ないデータ高品質な画像を生成することができます。
  • また、短期間で効率的にモデルを開発することが可能であるため、様々なニーズに合わせたAIモデルを迅速に提供することができます。

Evo-Ukiyoeの活用例

  • 歴史や文化を学ぶための教材作成
  • 浮世絵に関する興味・関心を高めるためのコンテンツ作成
  • 日本文化を世界に発信するためのコンテンツ作成

Evo-Nishikieの活用例

  • 古典籍のデジタル化
  • 古典籍の理解・解釈を助けるツールとしての活用
  • 古典籍の魅力を伝えるためのコンテンツ作成

Sakana AIについて

Sakana AIは、2023年に元Google研究者によって設立されたAIスタートアップ企業です。「進化」「集合知」という自然界の原理を基盤としたAIモデルの開発に注力しており、短期間で効率的に高品質なAIモデルを開発することを可能にしています。

参考情報

その他

Sakana AIの浮世絵画像生成AIは、まだ研究開発段階であり、商用利用は想定されていません。しかし、今後の展開が非常に期待される技術です。

by Gemini


文化庁「AIと著作権」セミナー開催

引用

2024.07.23

文化庁が…令和6年8月9日(金)14:00~15:20…

オンラインセミナー「AIと著作権II」を開催する…。

無料で…誰でも視聴できるとの事…。

参加しようと思います!

因みに…「AIと著作権Ⅰ」は… https://www.youtube.com/watch?v=eYkwTKfxyGY

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

文化庁「AIと著作権II」セミナー開催のお知らせ

https://www.bunka.go.jp/seisaku/chosakuken/seidokaisetsu/seminar/2024/pdf/94085801_02.pdf

このセミナーでは、令和6年3月15日に取りまとめられた「AIと著作権に関する考え方について」を、様々な立場の方向けに解説します。

内容

  • 第1部:著作権制度の基礎
  • 第2部:生成AIと著作権

対象者

  • AIの利活用に関心のある方
  • 著作権制度について理解を深めたい方
  • AIと著作権に関する最新動向を知りたい方

参加方法

申込不要で、どなたでも参加できます。

その他

  • 後日、アーカイブ配信も予定されています。
  • 詳細については、文化庁のホームページをご覧ください。

文化庁ホームページ

本セミナーに関するお問い合わせ

文化庁著作権課 著作権企画調整係 電話番号:03-3590-6716

AIと著作権について

近年、AI技術の発展に伴い、AIが生成した著作物(AI生成物)の著作権帰属や利用に関する問題が注目されています。文化庁では、こうした問題について検討を進めており、令和5年3月には「AIと著作権に関する考え方について」を取りまとめました。

本セミナーでは、「AIと著作権に関する考え方について」の内容をわかりやすく解説するとともに、AI生成物の利活用における著作権に関する疑問にお答えします。

AIの利活用に関心のある方、著作権制度について理解を深めたい方、AIと著作権に関する最新動向を知りたい方は、ぜひご参加ください。

by Gemini


Google クッキー廃止計画を打ち切り

引用

2024.07.23

デジタル広告の在り方を揺るがした?…

クッキー廃止計画が取りやめになった…。

これで…よかったの?

Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成
Midjourneyにて生成

Google、Chromeのサードパーティクッキー廃止計画を打ち切り、新たなプライバシー保護枠組み「Privacy Sandbox」へ移行

Googleは、2024年7月19日、これまで進めてきたWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティクッキーの廃止計画を正式に打ち切ると発表しました。当初2022年を予定していた廃止は、延期を重ね2025年への移行も見込まれていましたが、最終的に計画自体が撤回されました。

この背景には、広告業界やプライバシー保護団体からの反発、代替案の開発遅延などが挙げられます。特に、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)のような厳しいデータ規制を導入している地域では、Googleの計画が十分なプライバシー保護を担保していないとの懸念が強くありました。

新たなプライバシー保護枠組み「Privacy Sandbox」

クッキー廃止計画の撤回に伴い、Googleは新たなプライバシー保護枠組み「Privacy Sandbox」の開発を加速させています。Privacy Sandboxは、ユーザーのプライバシーを保護しながら、効果的な広告配信を実現するための様々な技術を包括したものです。

具体的には、以下のような技術が含まれています。

  • FLEDGE: 広告主がユーザーのブラウザ環境に基づいてターゲティング広告を配信できるようにする仕組み
  • TURTLES: ユーザーの行動履歴をブラウザ内に保存し、広告主が閲覧履歴を追跡することなくターゲティング広告を配信できるようにする仕組み
  • Interest-Based Cohorts: ユーザーの興味に基づいてグループ分けを行い、そのグループに対して広告を配信できるようにする仕組み

これらの技術は、まだ開発段階のものも多く、具体的な導入時期や詳細な仕様は明らかになっていません。しかし、Googleは今後もPrivacy Sandboxの開発に注力し、ユーザーのプライバシー保護と広告主のニーズの両立を目指していくとしています。

今後の影響と課題

クッキー廃止計画の撤回は、デジタル広告業界全体に大きな影響を与えることが予想されます。広告主は、これまで以上にユーザーの同意に基づいたデータ収集と活用が必要となり、新たなターゲティング手法や広告配信の仕組みを構築していく必要があります。

一方、ユーザーにとっては、プライバシー侵害への懸念が軽減される一方で、より関連性の低い広告が表示される可能性も高くなります。今後は、Privacy Sandboxがどのような形で導入され、どのような影響を与えるのか、注視していく必要があります。

by Gemini


Googleは、ウェブブラウザー「Chrome」におけるクッキー廃止計画を打ち切りました。この決定は、広告業界や規制当局との意見の相違や反発を背景に、4年間にわたる取り組みの末に下されました。Googleは当初、2022年までにサードパーティークッキーを廃止する計画を示していましたが、度重なる延期を経て、最終的にこの計画を断念することとなりました。この計画の一環として、Googleは「プライバシーサンドボックス」と呼ばれる代替技術を提案していましたが、この技術についてもデジタル広告業界や規制当局からの反発がありました。2024年1月からは一部のChromeユーザーに対してサードパーティークッキーの利用を無効にするテストが行われていましたが、最終的に計画の廃止が決定されました

by Perplexity